松田聖子を元はっぴいえんどのメンバーが本格ディーヴァへと導いた重要作『風立ちぬ』

松田聖子を元はっぴいえんどのメンバーが本格ディーヴァへと導いた重要作『風立ちぬ』
(okmusic UP's)
1stシングル「裸足の季節」の発売が1980年4月1日。松田聖子が先日、ジャスト、デビュー40周年を迎えた。1980年代を代表するトップアイドル中のトップアイドルであり、日本の芸能史にその名を刻む大スターであることは改めて説明するまでもなかろう。松任谷由実財津和夫らとともに数々のヒット曲を世に送り出してきたが、彼女のアルバムの中から1作品を挙げるとするならば、やはり元はっぴいえんどのメンバーが制作に関わった『風立ちぬ』になるのではないだろうか。彼女の歌手としての変遷を振り返りつつ、その作品の位置付けを改めて考えてみた。

社会現象となったトップアイドル

“松田聖子”とググってあれこれ調べていたら、彼女に付随する数ある語句の中に“ぶりっ子”なる言葉を発見。超久しぶりにその文字面を見た。その“ぶりっ子”は、漫才コンビの春やすこ・けいこの十八番のネタだったし、一説にはこの言葉を流行らせたと言われる山田邦子が「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)」なるレコードをリリースするほどに持てはやされた言葉ではあった(豆知識→この「邦子の~」は日本におけるラップミュージックの元祖のひとつとも言われている)。誰かが彼女に面と向かってそれを連呼するような場面があった記憶はないけれど、一時期、松田聖子は“ぶりっ子”の象徴であった。それははっきりと覚えている。そんなふうに揶揄されるのも人気者の常なのだろうけど、デビュー間もなくトップアイドルになった松田聖子ではあったが、当初はそこに若干の嘲笑があったようには思う。松田聖子ののちにデビューした中森明菜、中山美穂辺りにどこかツッパリ的キャラクターが付与されていたり、小泉今日子が脱構築的なアイドル像を提供したりしたことは、“松田聖子≒ぶりっ子”の図式と無縁ではなかったような気もする。そう考えると、嘲笑の対象となったとはいえ、それ自体がしっかりと後世に影響を与えているのだから、これもまた彼女が大物だった証明とも言える。とにかく“ぶりっ子”は──少なくとも最初期において、松田聖子の重要なキーワードであり、高機能なキャッチコピーではあった。

あわせて読みたい

松任谷由実のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「JUJU」のニュース

次に読みたい関連記事「JUJU」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鬼束ちひろ」のニュース

次に読みたい関連記事「鬼束ちひろ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月8日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。