『BITTER AND SWEET』は不世出の歌姫、中森明菜の潜在能力の高さが顕示された名品

『BITTER AND SWEET』は不世出の歌姫、中森明菜の潜在能力の高さが顕示された名品
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
平成生まれの読者にはピンと来ないかもしれないけれど、それ以上の世代にとって中森明菜の説明は不要だろう。彼女もまた昭和の音楽シーンを代表する歌手のひとりである。本文でも述べるのであえてここでは細かく書かないけれども、1980年代半ばに残した足跡が偉大かつ多すぎて、ひと口には語れないアーティストでもある。その意味ではこのコラムに向かないタイプではあるのだが(苦笑)、何とか頑張ってチョイスしてみよう。

1980年代の音楽シーンに君臨

先週の当コラムで松田聖子『風立ちぬ』を取り上げたので、その勢いのまま、今週は中森明菜の作品を取り上げようと意気込んだのだが、のっけから“さて、どのアルバムにしたものか?”と結構悩む。それは中森明菜の作品をアルバム単位で聴き込んだことがないという個人的な理由もあるにはあるのだがそれは置き、彼女のディスコグラフィーをザっと見渡してみても、そのピークがなかなか掴みづらいのである。中森明菜は1984~1987年の間、年間シングルチャートが4年連続1位となり、1985年に「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」、1986年に「DESIRE -情熱-」で2年連続日本レコード大賞を獲得。1986年と1987年にはアーティスト別年間トータルセールスでも1位となっている(この項目は1985年以前が不明だが、1984年、1985年ともに上位にランクインしていたことは間違いなかろう)。つまり、彼女が活躍した時期が比較的長期に渡っていたため、単純にチャートリアクションや記録などを測るだけでは、そのピークが分からないのである。1980年代半ば、中森明菜はずっと高値安定だったのだ。

この記事の画像

「『BITTER AND SWEET』は不世出の歌姫、中森明菜の潜在能力の高さが顕示された名品」の画像1 「『BITTER AND SWEET』は不世出の歌姫、中森明菜の潜在能力の高さが顕示された名品」の画像2
編集部おすすめ
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク