首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開
拡大する(全10枚)
ナオ(Dr&Vo) (okmusic UP's)
新型コロナウィルスという怪物は、大きく世界を揺るがせ、人々の考え方すらも大きく変化させた。“当たり前”だった日常や常識や感情が“当たり前”では無くなり、人々の目の前には、見つめ直すべき日常や常識や、新たに向き合い、作り出していかねばならない世界が広がった。

人間が生きる上で必要なこととは何なのか? 人間が生きる上で音楽とは、エンタテインメントとはどうあるべきなのか? 誰もがこの期間に、それぞれの立場で直面する現状に自問自答したに違いない。

そもそも“娯楽”の存在は、人間が生きる上で、空気や医療ほど必須なものではないのかもしれない。そう思うと、こうしてエンタテインメントに関わる仕事をする身としては、とても非力に感じてしまう。新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、3月からライブ活動を中止してきた首振りDollsのナオも、今回の予期せぬ時間の中でいろんなことを考えたのだと言う。

4月に誕生日を迎えたショーン・ホラーショー(Ba)に続き、今回は5月15日に誕生日を迎えたナオ(Dr&Vo)に、自らと音楽の関係性を語ってもらった。

やっぱり俺は“ロックバンドとして 生きて来たんだな”って思った

――新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、ライブ活動が止まってしまった今、ナオの中で何か変化はあった?
「ありましたね。首振りDollsとしては、2月28日の仙台でのライブを最後に3月からのライブは全て自粛しているので。3月20日、21日、22日の3daysで予定していたツアーファイナルの最終日に、無観客で配信ライブをしたんですけど、お客さんを招いての通常のライブというのは、丸々3ヶ月やれていないですからね。生活が一変しちゃった感じ。こんなにもライブをしないなんて、自分の人生の中でなかったから。2月28日のライブのときも、まさかここまでのことになるなんて、想像していなかったですもんね。あの日から全くライブが出来ない生活が始まるなんて、本当に思ってなくて。1ヶ月くらいで収束するだろうと思っていたから」

この記事の画像

「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像1 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像2 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像3 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像4
「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像5 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像6 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像7 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像8
「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像9 「首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)のソロインタビューを公開」の画像10