さだまさしが暗いなんて誰が言った!?『私花集』はバラエティ豊かな大傑作

さだまさしが暗いなんて誰が言った!?『私花集』はバラエティ豊かな大傑作
さだまさしが暗いなんて誰が言った!? 『私花集』はバラエティ豊かな大傑作 (okmusic UP's)
5月20日、さだまさしがニューアルバム『存在理由~Raison d'être~』を発表した。ということで、さだまさしの名盤を紹介しようと考えたわけだが、ソロデビューから44年目、本作が通算42枚目(!)と多岐に渡るため、正直言って全ての作品を吟味することはできないわけで、シングルヒットを連発していた作品から『私花集』をチョイスさせてもらった。この時期のさだまさし(というか、この時期のフォーク、ニューミュージック)はネガティブなキーワードで語られることが多かったのだが、今このアルバムを聴いてみると、どうしてそのように形容されたのか不思議でならない。バラエティーに富んだ傑作であることをまず記しておこう。

“暗い”と矮小化された1970年代後期

さだまさしに“暗い”というイメージを持つ人は一定数いると思われる。そういう人は、氏がヒット曲を連発していた1970年代後半にさだまさしを適当に聴き流していたか、あるいはほとんど聴いてなかった人が何となくそう思っているのだと想像する。いや、ほぼそうだと断定して間違いないのではないかと思う。結論から先に言っておくが、さだまさしの音楽は暗くはない。そもそも暗い/明るいは主観によるところでもあるし、そのどちらかに100パーセント偏った感情というのも現実にはないだろうから、“さだまさし=暗い”というのはどう考えてもかなり強引な図式ではあろう。

氏自身もそこには自覚的らしく、先日出演したラジオ番組で以下のように笑い飛ばしていた。「さだまさしってヒット狙いで歌っていると思った人もあったみたいで、随分誤解されたんですけどね。世の中が不況になる度に僕、話題にしてもらえるんですよ。辛い時には暗い歌がいいですから。

あわせて読みたい

さだまさしのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「さだまさし + Instagram」のおすすめ記事

「さだまさし + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「藤井郁弥」のニュース

次に読みたい関連記事「藤井郁弥」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の音楽記事

キーワード一覧

  1. さだまさし Instagram

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。