辻仁成のコンポーズセンスも光る『Dear Friend』は日本のロックシーンを築き上げたECHOESの傑作

辻仁成のコンポーズセンスも光る『Dear Friend』は日本のロックシーンを築き上げたECHOESの傑作
(okmusic UP's)
先月末に緊急事態宣言が解除され、何だかよく分からなかった東京アラートも先頃終了。まだまだ予断を許さないとはいえ、一時に比べると新型コロナウィルスの騒動も少しずつ落ち着きいてきそうな気配ではある。このコロナ渦は世界的パンデミックであって、欧米での被害も相当なものであったことはみなさんもよくご存知の通りだと思うが、個人的には仏パリ在住の辻仁成が連日のように街のロックダウンの様子をテレビなどで伝えていたことも印象深い。実はECHOESのことは随分前から当コラムで取り上げたいと思っていたにもかかわらず、なかなか機会がなかったのだが、このタイミングでECHOESを紹介したいと思う。

1980年代にシーンを形成したバンド

ECHOESが日比谷野外音楽堂でのライヴをもって解散したのが1991年5月で、辻仁成(Vo&Gu)が『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞したのが1997年。現在までのところ、彼の著作は小説だけでも50作を超えているのだから、辻仁成にロックシンガーのイメージを持たない人たちも多くなっているかもしれない。爆笑問題が所属する事務所、タイタンが彼のマネジメントを行なっているからと言って、コメディアンと思う人はいないだろうけど、タレントや文化人の枠に入れられている気がする。少なくとも平成生まれ…いや、昭和60年代以降に生まれた人にとってはそういうイメージではなかろうか。ECHOESは活動期間よりも、解散以後の時間の方が長くなってしまった。2011年に再結成し、それ以後、公に活動停止を発表していないので、バンド自体は継続しているようではあるが、辻はパリ在住であるし、何よりもバンマスであった今川勉(Dr)が今年1月に他界したことにより、1980年代と同じスタイルでの活動は望めない状況ではある。しかし、だからと言って、ECHOESは忘れられていいようなバンドではないし、邦楽ロックを語る上で軽んじてはいけない存在である。そこをまず強調しておこう。

あわせて読みたい

辻仁成のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「辻仁成 + twitter」のおすすめ記事

「辻仁成 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「辻仁成 + Instagram」のおすすめ記事

「辻仁成 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「メル」のニュース

次に読みたい関連記事「メル」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月17日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 辻仁成 Instagram
  2. 辻仁成 twitter

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。