渋谷系ミュージシャンにも大きな影響を与えたスタイル・カウンシルの洒落たデビュー作『カフェ・ブリュ』

渋谷系ミュージシャンにも大きな影響を与えたスタイル・カウンシルの洒落たデビュー作『カフェ・ブリュ』
『Cafe Bleu』(’84)/The Style Council (okmusic UP's)
       
80年代前半のポピュラー音楽界は、エレクトロ・ポップ、ヘヴィメタル、ディスコ、AOR、ニューウェイヴ、ワールドミュージック等々が乱立する戦国時代だったと思う。そして、そのどれもが70年代中頃に登場したパンクスピリットを超える何かを求めて活動していたように僕は感じた。そんな時、ソウルやジャズをモチーフにしながら、洒落た音楽を鼻歌混じり(のように見えただけだが)で演奏するグループが現れた。それがスタイル・カウンシルだった。彼らは「楽しみながら音楽やろうよ」と言いたげで、自分たちの好きな50~60年代の音楽をやっていた。同時代の他のグループには見られなかった独特の“知的な軽さ”が持ち味で、その“知的な軽さ”が後に日本の渋谷系にも大きな影響を与えることになるのだ。というわけで、今回はポール・ウェラーとミック・タルボットがタッグを組んだ、スタイル・カウンシルのお洒落なデビュー作『カフェ・ブリュ』を紹介する。

【その他の画像】Paul Weller

■パンクスピリットを持ちつつポップな音楽性も持ったザ・ジャム

パンク人気がまだ衰えてなかった1977年、ポール・ウェラー率いるザ・ジャムは「イン・ザ・シティ」でデビューし、スピード感のあるパンクグループとして全英レベルの人気を得る。彼らの強みは音楽性だけでなく、60sを彷彿するファッションやライフスタイルにあり、モッズ・リバイバル(1)の中心に担ぎ上げられることになる。かなり乱暴に言ってしまうと、日本でモッズにあたるのは暴走族だと思う。ツナギを着てバイクに乗り、髪はリーゼントで音楽は

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月7日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。