7月22日、PSY・Sの5thアルバム『ATLAS』のアナログ盤と、『LIVE PSY・S Looking For The "ATLAS" Tour '89』のBlu-ray盤がリリースされた。これは彼らのデビュー35周年記念の企画で、『ATLAS』のほうは当時はCDとカセットのみでリリースされていたそうで、アナログ盤化は今回が初の試みである。
松浦雅也監修の下、オリジナル・アナログマスターテープからダイレクトカッティングを実施した上、収録曲順、及びジャケットも本アナログ盤用に改修しているというから、ファン垂涎のアイテムと言える(下記コラムではCDの曲順に準拠)。今週はこれを記念して、『ATLAS』をピックアップ!

名曲「Wondering up and down ~水のマージナル~」

…ということで、PSY・Sの5thアルバム『ATLAS』を聴いたわけであるが、オープニングM1「Wondering up and down ~水のマージナル~」から軽くノックアウトされた。いい意味で“何だ、これは!?”と思って、この楽曲だけを何度かリピートしたほどだ。メロディーに耳馴染みはあったので、おそらく発売当時、楽曲そのものは確実に聴いていたのだと思う。もしかするとアルバム『ATLAS』も聴いていたのかもしれない。タイトルを見た時にピンと来なかったのは間違いなく自身の老化によるものだろうけど、タイトルも覚えてなければ、おそらく聴いたことすら忘れていたというのに、一聴して“!”となったというのは、それほどに「Wondering up and down ~水のマージナル~」のメロディーラインと、それを歌うCHAKA(Vo)の声の強度が高いという証でもあろう。
自分自身が忘れかけていたことを棚に上げて、“この楽曲を忘却の彼方に追いやってはいけない”と強く思った。その意味でも今回の『ATLAS』のリイシューは異議深いことではあると思われる。

しかし、このメロディーはいったい何だろう? 若干ユーミンっぽいと思うところがないわけではないものの、それはほんの一瞬で、全体には北欧風なのか、和メロなのか──もっと言えば、ロックなのか、ポップスなのか、あるいは唱歌なのか、童謡なのか、簡単にはカテゴライズできそうもない旋律である。淡々と流れていくかと見せて高音に転じ、そうは言っても、下品にはならない程度にキャッチーさを保って進んでいく。ハイトーンの箇所は明らかにCHAKAのヴォーカル力の大勝利だと思う。とにかく、他で聴いたことがないメロディラインだし、自分の勉強不足もあるのかもしれないけれど、発表から30年以上経った今でも、「Wondering up and down ~水のマージナル~」と似たような旋律を耳にしたことがない。
ビートの効いたダンサブルなロックチューンに、下手くそなラップと、そこに間に合わせたような歌メロをちょいと入れて、R&Bと言えば聞こえはいいが、一聴しただけではそれがK-POPなのか、○○○○○なのか、●●●なのかの区別が付かない、無個性な楽曲が跋扈していることを目の当たりにする機会も多い昨今。PSY・Sにしか創造し得なかったメロディを世に出したということだけで、彼らは充分に素晴らしい音楽集団であったし、改めて…で大変恐縮ではあるが、そこは大いに称えたいところである。

「Wondering up and down ~水のマージナル~」は、松尾由紀夫氏による歌詞もいい。恋愛の機微を直接的に歌うことが悪いとは言わないが、巷にあふれる流行歌、とりわけシングルで発表されるものの8~9割は恋愛ものだ。これは主たる消費者が10~20代だから…というのが定説だが、中高年も普通にロック、ポップスを聴くようになった現代もその傾向に変わりはない。その点、この楽曲は今からおおよそ30年も前の楽曲にもかかわらず、直接的な恋愛が描かれていないのである。
タイトル通り、“水”の描写が中心だ。

《駆けてゆく子どもたち/にぎやかな笑い声/夏近く水辺のみどり/水あそび白いシャツ/息きらし追いかけて/ひとりずつ速く、速く》《みずうみに映る町/くねる道並ぶ屋根/透きとおる響きと奏べ/水にあふれるリバーサイドの日々/水に流れる水の流れる/ああ、こんなふうに思い出すなんて》(M1「Wondering up and down ~水のマージナル~」)。

メロディーによく合った、実に味わい深い歌詞である。叙事的描写からさりげなく叙情的な言葉につながるところが奥ゆかしく感じられて、とてもいい。1989年という時期においてストレートな恋愛物語を採用しなかったことは、当時のマーケットを考えれば、メンバーはともかく、スタッフ、関係者にはそれ相応の覚悟があったと想像できる。それでもこれをシングル曲としたことは大いに評価に値するのではないかと思う。


バラエティー豊かなコンセプト作

…と、M1「Wondering up and down ~水のマージナル~」でのっけから興奮してしまったアルバム『ATLAS』なのだが、本体もなかなか意欲的な作品である。アルバム自体の構造を先に述べると、M2が「WARS」でラストのM10が「WARS -Reprise-」である。“Reprise”と言えば、The Beatlesの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』を思い出すところだが、あちらが“Reprise”のあと、アンコール的に「A Day In The Life」が収められているのとは対照的に、『ATLAS』ではM2「WARS」~M10「WARS -Reprise-」の前に「Wondering up and down ~水のマージナル~」が配置されている。まぁ、PSY・Sが『Sgt. Pepper's~』を過度に意識したところはなかったのだろうけれども、M1とM2~M10とが分けられている格好なのだから、そこに何らかの意図があったことは確実だろう。『ATLAS』はコンセプトアルバムであることは間違いない。

『ATLAS』が意欲的な作品だと述べた理由はもう一点ある。
収録楽曲がバラエティーに富んでいるのだ。M2「WARS」からいきなりレゲエである。もちろん(何が“もちろん”なのか分からないけど)、そうは言ってはジャマイカンな感じではなく、レゲエ特有の淡々としたリズムが楽曲全体にスリリングさを加味しているような印象。メロディー自体は決して明るくはないけれどもポップはポップでありつつ、間奏以降、後半に進むに従ってギターが不協気味に鳴っていく様子がさらに緊張感を増していくようなナンバーである。ひと筋縄ではいかない楽曲だ。M3「ファジィな痛み」はアルバムと同時発売の11thシングル。
シングルらしいか…と問われると微妙な感じだけど、キャッチーでありつつ、どこか憂いを秘めた感じのメロディーで、これもなかなかの秀作である。サウンド自体はさすがにシングルと言うべきか、ビートの効いたJ-ROCKに仕上がっており、漠然とした印象では、『ATLAS』以前のPSY・Sを踏襲している感じがある。

続く、幻想的で浮遊感のあるスローなM4「Stratosphere ~真昼の夢の成層圏」は、ギターの響きが少しばかりケルトっぽく、どちらかと言えばヨーロッパ風なイメージ。それに対してM5「遠い空」は、どちらかと言えば米国寄りかもしれない。イントロで乾いたギターのアルペジオが聴こえてくるものの、鍵盤やリズム隊が重なっていくにつれて、ドシッと腰を落ち着いた感じのサウンドになっていく(米国的と言っても、全体に大味感はまったくないことだけは付け加えておきたい)。

M6「(北緯35°の)heroism」はアップチューン。疾走感とシンセが奏でるキャッチーな旋律はパッと聴き、現在のJ-POPに分類されてもおかしくない感じもするが、今のJ-POPとは一線を画すのは歌メロと歌唱によるところだろうか。これは私見だが、この「(北緯35°の)heroism」に限らず、PSY・Sのメロディーは、歌、楽器に限らず、其処此処に1980年代前半の日本ニューウェイブの匂いがあるような気がする。ニューロマの影響下にありつつも、アングラ感を隠し切れなかった、ポストパンクの雰囲気と言ったらいいだろうか。楽曲を構成する要素のすべてにおいてその匂い、雰囲気があるとは言わないが、ちょっとしたメロディー展開やコード進行において、個人的には琴線が刺激される瞬間がある。

男女2人組ユニットの先駆け

ロッカバラード風のミッドチューンM7「See-SawでSEE」は、鍵盤の連打やブラスアレンジからすると、大枠ではソウル~R&B系と言えるかもしれない。だが、やはり正統なるそれではないというか、あくまでもPSY・S流に仕上げているのがポイントだろう。間奏のギターは完全にロックそのものだけど、そこに終始していないところに、やはりこのユニットの意欲を感じざるを得ない。その点ではM8「STAMP」も同様。シタール的な音を取り込んでおり、インド音楽を意識した…というよりは、PSY・S流ラーガロックをやろうとしたと見るのが自然だろう。そう考えると、先ほどは“『Sgt. Pepper's~』を過度に意識したところはなかったのだろう”とは言ったけれども、わりと意識していたのかもしれないと思ったりもする。


それはM9「引力の虹」もそうで、前半の綺麗なギターのアルペジオは──M8「STAMP」からの続きで聴くと、「Norwegian Wood」を彷彿させるような感じもある。そうは言っても、「引力の虹」は中盤からリズム隊が入ってサウンドが力強くなっていくので、幻想的なだけに留まらないのはこれもまたPSY・S流ではあるが、The Beatlesうんぬんはともかくとしても、PSY・Sは『ATLAS』でロックの進化過程を示したような印象はある。かなり邪推ではあるけれども、アルバムのフィナーレを飾るM10「WARS -Reprise-」がヒップホップの要素を取り込んでいることを考えると、あながち的外れでもないのでは…と思ったりもする。

ちなみに、『ATLAS』が発表された1989年は、RHYMESTERが結成された年であり、スチャダラパーの1stアルバム『スチャダラ大作戦』の発売がその翌年の1990年である。PSY・Sは本格的にヒップホップを標榜したグループではないので、比べるのはやや乱暴だろうけれども、メジャーシーンでヒップホップ的要素を取り込んだのは大分早かったことは間違いない。

“早かった”と言えば、PSY・Sはそのユニットのスタイル自体も早かった。男女2人組のユニット、バンドというのは、今となっては特に珍しいもものではない。Ego-Wrappin、LOVE PSYCHEDELICO、Do As Infinity、GLIM SPANKYらがそうだし、もう少し時間を遡れば、ZARD、KIX-S、ICE、PAMELAH、Every Little Thing、Jungle Smileらの名前が挙がるだろうか。PSY・Sはそれらの人たちよりも早い1985年のデビューだ。それ以前にはチェリッシュやヒデとロザンナなど男女2人組のデュオはいたが、ヴォーカル+コンポーザといったスタイルは、もしかすると少なくともメジャーフィールドではPSY・Sが初めてだったのかもしれない(ちなみにPIZZICATO FIVE、dip in the poolも同年デビューだが、音源リリースはPSY・Sが若干早い)。また、上記ユニットはもともと3~5人組のバンドだったものが、メンバーの脱退によって2人組になった人たちがいくつかあるけれども、PSY・Sは最初から松浦雅也、CHAKAの2人組で、ライヴの際はバックバンドである“Live PSY・S”を率いてパフォーマンスしていた。まさしく男女2人組ユニットの先駆けである(もうひとつちなみに、その“Live PSY・S”には、美尾洋乃(バイオリン)、鈴木賢司(Gu)、沖山優司(Ba)、安部王子(Ba)、新居昭乃(cho)、保刈久明(Gu)、南流石、田中徹ら、超一流アーティストが参加していた)。その点で言っても、決して忘却の彼方の追いやってはならない、邦楽史上の最重要アーティストのひとつなのである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ATLAS』

1989年発表作品

<収録曲>
1.Wondering up and down ~水のマージナル~
2.WARS
3.ファジィな痛み
4.Stratosphere ~真昼の夢の成層圏
5.遠い空
6.(北緯35°の)heroism
7.See-SawでSEE
8.STAMP
9.引力の虹
10.WARS -Reprise-