PSY・Sが最重要ユニットである証明!意欲的コンセプトアルバム『ATLAS』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
7月22日、PSY・Sの5thアルバム『ATLAS』のアナログ盤と、『LIVE PSY・S Looking For The "ATLAS" Tour '89』のBlu-ray盤がリリースされた。これは彼らのデビュー35周年記念の企画で、『ATLAS』のほうは当時はCDとカセットのみでリリースされていたそうで、アナログ盤化は今回が初の試みである。松浦雅也監修の下、オリジナル・アナログマスターテープからダイレクトカッティングを実施した上、収録曲順、及びジャケットも本アナログ盤用に改修しているというから、ファン垂涎のアイテムと言える(下記コラムではCDの曲順に準拠)。今週はこれを記念して、『ATLAS』をピックアップ!

名曲「Wondering up and down ~水のマージナル~」

…ということで、PSY・Sの5thアルバム『ATLAS』を聴いたわけであるが、オープニングM1「Wondering up and down ~水のマージナル~」から軽くノックアウトされた。いい意味で“何だ、これは!?”と思って、この楽曲だけを何度かリピートしたほどだ。メロディーに耳馴染みはあったので、おそらく発売当時、楽曲そのものは確実に聴いていたのだと思う。もしかするとアルバム『ATLAS』も聴いていたのかもしれない。タイトルを見た時にピンと来なかったのは間違いなく自身の老化によるものだろうけど、タイトルも覚えてなければ、おそらく聴いたことすら忘れていたというのに、一聴して“!”となったというのは、それほどに「Wondering up and down ~水のマージナル~」のメロディーラインと、それを歌うCHAKA(Vo)の声の強度が高いという証でもあろう。自分自身が忘れかけていたことを棚に上げて、“この楽曲を忘却の彼方に追いやってはいけない”と強く思った。その意味でも今回の『ATLAS』のリイシューは異議深いことではあると思われる。

この記事の画像

「PSY・Sが最重要ユニットである証明!意欲的コンセプトアルバム『ATLAS』」の画像1 「PSY・Sが最重要ユニットである証明!意欲的コンセプトアルバム『ATLAS』」の画像2