鈴木慶一がその才能を満天下に示した歴史的傑作アルバム『火の玉ボーイ』

鈴木慶一がその才能を満天下に示した歴史的傑作アルバム『火の玉ボーイ』
(okmusic UP's)
       
ムーンライダーズの鈴木慶一有頂天のKERAとによるユニット・No Lie-Senseの3rdアルバム『駄々録~Dadalogue』が7月29日にリリースされたということで、今回は鈴木慶一のソロとしてのキャリアのスタート地点と言える、鈴木慶一とムーンライダーズの『火の玉ボーイ』を取り上げてみた。下記でつらつらと書いてみたが、音源を聴けば聴くほど、そして鈴木慶一というアーティストについて書けば書くほど、氏がいかに偉大な音楽家であるか、しみじみと感じてしまった今週である。

鈴木慶一という音楽の巨人

『ミュージック○○○○』や『レコード●●●●●●』を愛読するような音楽ファンは、当たり前のこととして鈴木慶一を“音楽シーンの巨人”として語りがちだ。いや、それは本当のことだからそう語るのは当然だし、本稿もそんな出だしでいこうとさっきまで考えていたのだけれど、“ちょっと待てよ”と冷静になって考えみた。音楽ファン以外で鈴木慶一と聞いて“あぁ、あの人ね”と即座に反応する人はどの程度いるだろうか。特定のアーティストや特定のジャンルだけを好んで聴くようなライトユーザーにその範囲を広げてみても、ピンとくる人は案外少ないような気がする。鈴木慶一と聞いて“ムーンライダーズのリーダー”と思うような人はわりと音楽好きに限定されるだろうし、“はちみつぱい”の名前が思い浮かぶとなると、それは相当な音楽愛好家であろう。

だからと言って、本稿は鈴木慶一を貶めるものでないことを予めお断りしておくが、氏と同世代…というか、同時期に本格的に音楽活動を始めたアーティストたちと比較すると、そのコントラストがはっきりするように思う。例えば、鈴木慶一がはちみつぱいを結成した1970年にバンド名を改名した

あわせて読みたい

鈴木慶一のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「曽我部恵一」のニュース

次に読みたい関連記事「曽我部恵一」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。