超特急、8時間に及んだWOWOWでの特別番組『超フェス』が大盛況

超特急、8時間に及んだWOWOWでの特別番組『超フェス』が大盛況
8月8日@『超特急 BULLET TRAIN 8th Anniversary Special 「超フェス 2020」』 photo by 米山三郎、笹森健一 (okmusic UP's)
       
今年デビュー8周年を迎えたダンス&ボーカルグループ・超特急が、8月8日にWOWOWにて8時間に及ぶ特別番組『超特急 BULLET TRAIN 8th Anniversary Special 「超フェス 2020」』をオンエアした。メンバーによる解説付きライブ映像や、ファンのリクエストに応えるコーナー、成長記録バラエティ企画など、盛りだくさんの内容に加えて、なんと横浜アリーナから無観客ライブを生放送!「超フェス2020」の主題歌として作られた新曲「Dear Myグッバイ」の初披露のみならず、過去も未来も超えた“今"の超特急に対する自信にあふれた堂々たるステージで、画面越しの視聴者に“超特急、ここにあり"と見せつけた。また、エンディングでは新たなレギュラー番組のスタートも告知。8周年で迎える8月8日の“8号車の日"を8時間の生放送という8づくしで盛大に祝った。

“8号車"という超特急ファンの呼称にちなみ、毎年8月8日を“8号車の日"と呼んで、さまざまなイベントを行ってきた超特急。今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、残念ながら画面越しでの開催となったが、そのぶん“8号車に感謝を伝えよう"という彼らの想いは熱かった。放送が開始し、2万近くの客席が空っぽの横浜アリーナでメンバーが挨拶するというレアな光景が映し出されると、ハッシュタグ“WOWOW超特急"はさっそくトレンド入り。そこから、ちょうど1年前にパシフィコ横浜で行われた“8号車の日"ライブ、昨年末から年明けにかけて行われた東西アリーナツアーより12月の大阪城ホール、1月の国立代々木競技場 第一体育館と、3公演の映像がトータル300分、メンバーの解説付きで大盤振る舞いされる。その合間には、制限時間15分でメンバーが成功したミッションの数だけサイン入りポストカードが8号車に贈られる『超特急チャレンジ還元祭』に、SNSを通じて募集した質問やリクエストに次々応えた『お願い超特急888(スリーエイト)』と、8号車との交流企画も。前者ではタカシが苦手の風船割りに挑むなど、8つのミッションに成功して、80枚のポストカードを獲得してくれた。
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月9日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。