『夏雲ノイズ』で示された優れたバランス感覚にスキマスイッチの秀でた音楽的才能を見出す
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
8月19日、“スキマスイッチの音楽で笑顔と元気を”テーマにしたセレクションアルバム『スキマノハナタバ ~Smile Song Selection~』がリリースされる。収録曲は彼らの楽曲の中から“笑顔になれる曲”をテーマに選曲。このコロナ禍ではなかなか曲を書く気持ちにならなかったということだが、[今だからこそかける曲というのがあるのではないかと思い、日記のように思った事を書き留めた曲です]という、書き下ろしの新録「あけたら」も収録されている([]はスキマスイッチ公式サイトより抜粋)。というわけで、今週はスキマスイッチの1stフルアルバムである『夏雲ノイズ』をピックアップしたい。

堂々としたメロディーライン

“スキマスイッチは才能あるアーティストだなぁ”と今言ったところで多くの人に“今頃、何言っての?”と訝しがられるのが落ちだろうが、メジャー1stフルアルバム『夏雲ノイズ』を聴いてみると、やはり“この人たちは早くからその才能を発揮していたんだなぁ”と思わざるを得ない。その優れたポップセンスについては下記で解説していくけれども、とりわけ素晴らしく思ったは、楽曲を構成する要素の塩梅である。親しみやすいが親しみやすさだけでもなく、マニアックな部分もあるにはあるがマニアックになりすぎない。そのバランスが絶妙なのである。キレのいい変化球があるから直球を活かすことができるピッチャーとか、笑える要素を散りばめているから感動的なフィナーレで大いに泣かせる映画や小説とか、そんなふうに喩えてもいいかもしれない。デビュー時からこれをやれたら、そりゃあ大衆の支持を集めるでしょう…と妙に納得してしまった。

この記事の画像

「『夏雲ノイズ』で示された優れたバランス感覚にスキマスイッチの秀でた音楽的才能を見出す」の画像1 「『夏雲ノイズ』で示された優れたバランス感覚にスキマスイッチの秀でた音楽的才能を見出す」の画像2