武田真治がアーティストとしての才能を如何なく発揮した衝撃のデビュー作『S』

武田真治がアーティストとしての才能を如何なく発揮した衝撃のデビュー作『S』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
9月9日、実に24年振りとなるフルアルバム『BREATH OF LIFE』がリリースされたということで、武田真治のデビュー作『S』を取り上げる。以下にもくどいほどに書いたが、今、武田真治と言うと、やはり『みんなで筋肉体操』のイメージが強いだろうし、彼もそこでのキャラクターに真摯に取り組んでいらっしゃると思うので、“筋肉イメージ”も決して間違いではなかろう。だが、彼をそれだけで語るのは実にもったいない。いちアーティスト、いちミュージシャンとしての武田真治も絶品なのである。

名うてのミュージシャンが認める才能

武田真治と言うと何を思い浮かべるであろうか。今は多くの人が“筋肉”となるのだろう。それほどに『みんなで筋肉体操』のインパクトは強かったし、その体裁で出演した『NHK紅白歌合戦』での熱演(?)も大きな話題であった。『第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞し芸能界入りし、身体にピタッとはり付くほどのシェイプなTシャツ、いわゆる“ピチT”などファッションで、いしだ壱成と並んで“フェミ男”と称されていたデビュー時のイメージが鮮烈すぎたのかもしれない。当時を知る人は“あの中性的な子がこんなにムキムキに!?”と驚きを持って受け止めたのだろう。あとは、やっぱり俳優、タレントとしての姿。放送が終了してだいぶ経ってしまったが、『めちゃ×2イケてるッ!』でのコミカルなキャラクターのイメージを未だに抱かれている方も少なくないと思う。また、テレビドラマや映画での活躍を思い浮かべる方もいらっしゃるだろうし、出演した舞台やミュージカルでの役が印象に残っている方がいるかもしれない。

この記事の画像

「武田真治がアーティストとしての才能を如何なく発揮した衝撃のデビュー作『S』」の画像1 「武田真治がアーティストとしての才能を如何なく発揮した衝撃のデビュー作『S』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク