山崎まさよしのデビュー20周年を祝う『Augusta Camp 2015』が大盛況のうちに幕

山崎まさよしのデビュー20周年を祝う『Augusta Camp 2015』が大盛況のうちに幕
9月26日(土)@横浜赤レンガパーク 野外特設ステージ (okmusic UP's)
9月26日に横浜赤レンガパーク野外特設ステージにて、『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015~20th Anniversary~』が開催された。

【その他の画像】長澤知之

山崎まさよしのデビュー20周年を記念し、山崎まさよしを全面フィーチャーした今年のオーガスタキャンプ。杏子、COIL(岡本定義)、あらきゆうこ、元ちとせスキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストルといった個性際立つアーティストが出演。山崎が他の出演アーティストを順に呼び込み自らの名曲をセッションする第一部、各アーティストのステージに山崎まさよしがギターはもちろん、ドラムやハーモニカで参加する第二部、そしておなじみの山崎のスリーピースバンドによる第三部という三部構成で行われ、15,000人の観衆が山崎まさよしのデビュー20周年を祝福した。

前日の雨も上がり、熱気を帯びる横浜赤レンガパーク野外特設ステージ。定刻の14時、ステージ両側のビジョンに映し出されたのはギターケースを片手に横浜の街を歩く山崎まさよし。20年前、住んでいた桜木町界隈をまわり、今日の会場である赤レンガ倉庫にたどり着く。そして、まるでそのムービーから飛び出してきたかのような演出で、同じシャツを着てギターケースを持って山崎まさよしがステージに登場。ギターケースからおもむろにアコースティックギターを取り出し、爪弾いて始まったイントロで早くも客席から拍手が湧く。なんと一曲目は1999年、主演ドラマ『奇跡の人』の主題歌として大ヒットした「僕はここにいる」でスタート。秋めいた横浜の空へ、山崎の声とギターの音色が気持ちよくとけていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2015年9月27日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュース

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュース

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。