西川貴教の潜在能力の高さこそがT.M.Revolutionの核であることが分かる傑作アルバム『triple joker』

西川貴教の潜在能力の高さこそがT.M.Revolutionの核であることが分かる傑作アルバム『triple joker』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
9月19日は西川貴教の誕生日であり(祝!50歳!)、今年はコロナ禍で初のオンライン開催を余儀なくされたものの、同日13時から『イナズマロックフェス 2020』が行なわれるということで、今回はT.M.Revolutionの名盤をピックアップ! 1998年にリリースされ、自身初のチャート1位となり。ミリオンヒットとなった3rdアルバム『triple joker』を取り上げる。聴けば聴くほど実によくできたアルバムで、この音楽ユニットの本質と、西川貴教のアーティストとしての才能を如何なく示した傑作である。

J-ROCK最高のポップアイコン?

先日、お笑い番組を観ていたら、とある芸人さん(※確かタイムマシーン3号だったと記憶していますが、間違っていたらごめんなさい)が、T.M.Revolution(※以下T.M.R)をネタにしていた。恰幅が良かったので、タイムマシーン3号だったらたぶん関さんであったと思うが、“HOT LIMITスーツ”(※太めの黒ガムテープを身体に巻き付けたようなアレ)に身を包んだ彼が、他の芸人さんたちが手に持ったドライヤーで風を当てられ続ける──そんなネタだった。何を歌っていたのか忘れたけど、その出で立ちからすれば、「HOT LIMIT」であったであろう。「HOT LIMIT」のリリースは1998年なのでで、このネタが面白いか面白くないかと言ったら、正直言って微妙なところではあると思ったのだけれども(※個人の感想です)、わりとウケていたような気はする。そこでハタっと考えた。おおよそ4半世紀も前のMVをお笑いのネタにされるロックアーティストってT.M.R以外にいるだろうか、と。モノマネされるアーティストは多い。最近だと

この記事の画像

「西川貴教の潜在能力の高さこそがT.M.Revolutionの核であることが分かる傑作アルバム『triple joker』」の画像1 「西川貴教の潜在能力の高さこそがT.M.Revolutionの核であることが分かる傑作アルバム『triple joker』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク