SPECIAL OTHERS、日比谷野音での有観客ワンマン公演が大盛況

SPECIAL OTHERS、日比谷野音での有観客ワンマン公演が大盛況
9月20日(日) @日比谷野外音楽堂 photo by 田中聖太郎 (okmusic UP's)
SPECIAL OTHERS(以下、スペアザ)が9月20日、東京・日比谷野外音楽堂にて「SPECIAL OTHERS 野音2020(QUTIMA Ver.29)」を開催した。同公演はスペアザにとって約8ヶ月ぶりのライブ。新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、5月13日にリリースしたオリジナルアルバム『WAVE』を携えた全国ツアー「SPECIAL OTHERS Tour"WAVE"(QUTIMA Ver.28)」が開催延期となっており、毎年恒例となりつつある野音イベントがライブ活動の第一歩となった。

会場は、政府・自治体のガイドラインを遵守し、収容人数の半分に集客を抑え、規制入場、そして、マスク着用と全員に検温と消毒が行われた。天候の心配もよそに、夏の終わりを感じる少しだけひんやりとした空気の中、ライブへの期待が高まっていた。

又吉“SEGUN"優也(B)、柳下“DAYO"武史(G)、宮原“TOYIN"良太(Dr)、芹澤優真(Key)が順に登場すると、普段よりも遠慮がちによろこびを表す客席。ステージ上の4人は、音を出し合い、お互いを確かめ合うように自然とジャムセッションがはじまり、さわやかな風が感じられるような「TRIANGLE」からスタートした。スペアザの楽曲の中で歌モノとして人気の「Good morning」では、芹澤、宮原、柳下の歌声が重なった瞬間、会場の空気もさらにあたたまり、音の浮遊感とそのグルーヴが大音量で身体に響いてきた。

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。