NONA REEVESの確かなセンスと技術が詰まった“ポップン・ソウル”な絶品アルバム『DESTINY』

NONA REEVESの確かなセンスと技術が詰まった“ポップン・ソウル”な絶品アルバム『DESTINY』
(okmusic UP's)
       
9月18日、NONA REEVESがビルボードライヴ東京からオンラインフェス『NONA REEVES ONLINE いいやま ノーナ・フェス 2020』を開催した。本来はメンバーの小松シゲルの故郷でもある長野県飯山市で行なわれる予定だったイベントの延期を受けてのものであったが、堀込泰行、堂島孝平も参加した彼らならではのポップな配信イベントは、視聴者に大好評だったようだ。今週はそんなNONA REEVESから代表作をピックアップ。彼らの奇跡的な軌跡も交えて、その作品性とバンドとしての優秀さを語ってみたい。

記録は度外視の存在感

音楽シーンにおいて…少なくともメジャーと言われるカテゴリにおいて、“商業”は決して切り離せないものだ。ロック寄りのスタンスの人であったり、極めてアーティスティックな姿勢の人で、“俺たちにビジネスは関係ない”といった主旨の発言をする人も昔はよくいたが、メジャーで音源を発表している以上、その人たちが関係ないと言ったところで、音源の制作費や宣伝費はメジャーな資本から捻出されているのだから、そこに“商業”は必ず付いて回る。セールスは重要な尺度である。つまり、そこで音源が売れなければメジャーシーンに居られないし、売れ続ければメジャーシーンに居ることができるというのが道理なのだ。しつこく話を補正すると、ある時期、売れていたとしてもそれが下降していき、ある一定の線(※それはそれぞれに線引きがあるだろうが…)を下回れば、少なくともそこでは新しい音源を出す契約を交わすのは難しいだろう。冒頭から夢も希望もないような泥臭い話で申し訳ない。これから徐々に前向きな話にシフトしていく予定なので、もう少しお付き合いをお願いしたい。

あわせて読みたい

小松シゲルのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月23日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。