アンダーグラフが「ツバサ」に代表されるセンスと十分な個性を発揮したデビュー作『ゼロへの調和』

アンダーグラフが「ツバサ」に代表されるセンスと十分な個性を発揮したデビュー作『ゼロへの調和』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
本文にも書いたように、7月にリリースしたベストアルバムのセールスが好調で、結成20周年のここに来て、再びシーンに浮上してきた感のあるアンダーグラフ。これまではあまりメディアに出ることを控えてきたそうだが、今年はメディアへの出演に前向きとのことで、まさに再ブレイクの兆しが見えてきたとも言える。9月21日に行なわれた配信ライヴ『UNDER GRAPH 20th Anniversary Live~2020年、僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする。Studio Live Session~』も好評だった様子。今週はそんな彼らのデビュー作『ゼロへの調和』を取り上げる。

「ツバサ」の普遍的なメロディー

今年7月28日付のOKMusicのニュースで“15年振りに再ブレイクの兆しを見せている”と紹介されていたアンダーグラフ。記事によれば、ベストアルバム『UNDER GRAPH 20th BEST 2000-2020』が、新星堂WonderGOOアルバムチャート6位にランクインするなど、好発進している中、収録曲の「ツバサ」が7月24日のshazamチャートでは4位に急上昇し、サブスクリプションや累計ダウンロード数は1,875万を超えたという。ベストアルバムの6位については、確かに好セールスであることは間違いないけれども、過去、彼らの2ndアルバム『素晴らしき日常』(2006年)がチャート4位にランクインしたことを考えれば、このくらいのリアクションはとりわけ不思議ではなかろう。驚くべきは「ツバサ」がshazamチャートで4位になったほうである。2004年に発表された楽曲がリリースから16年を経て4位というのは大快挙だ。奇跡に近いと言ってもいいのかもしれない。

この記事の画像

「アンダーグラフが「ツバサ」に代表されるセンスと十分な個性を発揮したデビュー作『ゼロへの調和』」の画像1 「アンダーグラフが「ツバサ」に代表されるセンスと十分な個性を発揮したデビュー作『ゼロへの調和』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アンダーグラフ」に関する記事

「アンダーグラフ」に関する記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク