SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着

10月14日(水)、SUGIZOが自身初となる配信ライヴ『SUGIZO LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE I~RE-ECHO TO COSMIC DANCE~』を開催した。この試みは、ソロキャリア初のライヴアルバム『LIVE IN TOKYO』のリリースを祝して企画されたもので、LivePartner-ONLINE-を通じてstudio W (WOMB LIVE)から生配信。かねてからSUGIZOが追求してきた音楽・映像・照明が三位一体となったステージ表現は、“対面ではなく画面越し”というコロナ禍の障壁をむしろプラスに転じ、新たなライヴの在り方として進化を遂げた。

全スタッフ及びリハーサル中はメンバーも含めマスク着用の上、検温、消毒、換気を徹底。現場では油断のないコロナ対策が施されていた。本公演はCOSMIC DANCE QUARTETと名付けられた編成で行われ、センターに立つSUGIZOの左右にMaZDA(マニピュレーター、シンセサイザー)、よしうらけんじ(パーカッション)、対面にはZAKROCK(VJ)、ゲストのHATAKEN(モジュラーシンセサイザー)が構え、全員が向き合う円形のフォーメーション。本レポートは、会場の様子を交えつつ、配信内容について詳しくお伝えしていく。

定刻より10分ほど遅れた19:40頃、スタンバイしたSUGIZOは静けさの中、合掌し目を閉じて配信がスタート。1曲目「DO-FUNK DANCE」のイントロが鳴り始め、巨大ミラーボールの下、両腕を大きく広げたSUGIZO。たちまちカラフルなレーザーが立体交錯し、光と音のサイケデリアに没入することとなる。

この記事の画像

「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像1 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像2 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像3 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像4
「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像5 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像6 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像7 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像8
「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像9 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像10 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像11 「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像12
「SUGIZO、自身初の配信ライヴ『EPISODE I』のレポートが到着」の画像13
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク