ブリティッシュ・スワンプの草分け的存在として知られるデイヴ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』

ブリティッシュ・スワンプの草分け的存在として知られるデイヴ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
デイヴ・メイスンの才能が開花するのは、コロンビアレコードに移籍して初のリリースとなる4thソロアルバム『忘れ得ぬ人(原題:It’s Like You Never Left)』(’73)からである。ブリティッシュロッカーならではの陰影のある曲想とアメリカ西海岸の明るいサウンドが同居したサウンドが独壇場で、特に、ジム・クルーガー、マイク・フィニガン、リック・イエーガーといった馴染みの顔ぶれが揃った5thアルバム『デイヴ・メイスン』(’74)からライヴ盤の7thアルバム『情念(原題:Certified Live)』(’76)までが全盛期と言えるのではないか。今回取り上げる『アローン・トゥゲザー』(’70)は、当時は新興レーベルのブルーサムレコードからリリースされた彼のデビューソロアルバム。コロンビアレコードではポップロックのアーティストとして成功したわけだが、その前に在籍していたブルーサムレコード時代はスワンプロックのテイストにあふれたサウンドで勝負していたのである。リリースされた当時、アメリカのアーティストたちをバックに迎えてスワンプロックをやること自体が珍しかったが、本作を皮切りにエリック・クラプトンの『エリック・クラプトン』(’70)やジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』(’70)など、ブリティッシュ・スワンプのアルバムが次々にリリースされ、後のブリティッシュロックシーンに大きな影響を与えることになる。

この記事の画像

「ブリティッシュ・スワンプの草分け的存在として知られるデイヴ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』」の画像1 「ブリティッシュ・スワンプの草分け的存在として知られるデイヴ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク