こんな毎日の中で、ずっと君の声が聴きたかった! 復帰、始動、再結成…再会の時5選!

こんな毎日の中で、ずっと君の声が聴きたかった! 復帰、始動、再結成…再会の時5選!
こんな毎日の中で、ずっと君の声が聴きたかった! 復帰、始動、再結成…再会の時5選! (okmusic UP's)
       
今の世の中になって季節もいくつか変わり、“with コロナ”なんていう生活様式も当たり前になりつつあったり、オンライン配信だけではなく生のライヴも徐々に開催され始めている今日この頃ですが、やっぱり胸の奥底満たされないものは、みんなそれぞれにあったりするんじゃないでしょうか? 切望し続けた先かもしれないし、夢にも思わなかった突然のご褒美みたいな感覚かもしれないけれど、止まった時計が動き出す時、きっとたくさんの心が喜びと希望とワクワクで満ちていく、そんな気がするのです。

「Day Dreamer(D-loud)」(’04) /成田昭次

1988年、ジャニーズとしては異色のロックバンドとしてデビューした男闘呼組で、リードギター&ヴォーカルを担当した成田昭次。ハスキーヴォイスと独特の歌い回し、そして彼の作るバラードはいつもたまらなく切なげで魅力的でした。1993年のバンド解散以降は他のメンバーとは異なって音楽活動に専念、ソロといくつかのバンド活動を経て2009年に引退。検索すれば大抵のことは見つけられる今の時代にありながら、その後の消息は不明のままだったがここへ来て突然、11月3日のLittle Black Dressのライヴにゲスト出演し、音楽活動再開のニュースが! 今回どの時代の曲を披露するかは分からないけれど、男闘呼組以外ならソロ名義でリリースした3rdアルバム『Free Way』収録の「Day Dreamer(D-loud)」を希望! 打ち込み系の音プラス、彼の“らしさ”のいい部分がよく出たカッコ良いナンバーで、これはぜひファンじゃない人の感想を聞いてみたい! そして、今後の活動がまだ明かされていない中で、さらに男闘呼組の復活を祈る根強い声も。今年に入り、元メンバーの高橋和也と前田耕陽が動画を配信。デビュー曲の「DAYBREAK」では成田昭次と岡本健一のパートは演奏も歌も空けた状態になっており、アクセス数は13万超え。さらに、《君よ 歌ってくれないか 変わらぬ友情を》と語りかけるように歌うオリジナル曲はもうすぐアクセス23万回になろうとしている。それでも、先の夢はともかく、今は高橋がSNSにUPしたこの言葉がすべてなように思います。“昭次、カムバックおめでとう! みーんな、待ってたよ”戻ってきてくれて、ありがとう。またよろしくね。

当時の記事を読む

成田昭次のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「成田昭次」に関する記事

「成田昭次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「成田昭次」の記事

次に読みたい「成田昭次」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月2日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。