数多くのアーティストが参加した原子力発電所建設反対運動のライヴ盤『ノー・ニュークス 〜ミューズ・コンサート・ライヴ!〜』

数多くのアーティストが参加した原子力発電所建設反対運動のライヴ盤『ノー・ニュークス 〜ミューズ・コンサート・ライヴ!〜』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
1979年、ジョン・ホール、ジャクソン・ブラウン、ボニー・レイット、グレアム・ナッシュらが中心となって核撤廃の未来を呼びかける団体『ミューズ』が結成され、同年9月19日から23日までの5日間にわたってマジソン・スクエア・ガーデンでコンサートが開催された。本作『ノー・ニュークス ~ミューズ・コンサート・ライヴ!~』は、そのコンサートの模様を収録したライヴ盤で、ドゥービー・ブラザーズ、ジェームス・テイラー、カーリー・サイモン、ブルース・スプリングスティーン、ライ・クーダー、ニコレット・ラーソン、CS&N、トム・ペティ、ポコ、レイ・パーカー・Jr.&レイディオ、チャカ・カーン、ジェシ・コリン・ヤング、スウィート・ハニー・イン・ザ・ロックら、豪華なアーティストが参加している。なお、これだけのメンバーが参加していることもあって、LPリリース時は3枚組(CDは2枚組)という大作となった。

ジョン・ホールから 原発建設反対の申し出

1978年の11月に、オーリアンズのギタリストでソングライターでもあるジョン・ホールは、はるか東海岸(ニューヨーク)から西海岸(ロサンジェルス)までボニー・レイットとジャクソン・ブラウンを訪ねている。その頃、ニューヨークで建設が予定されていたグリーン・カウンティ原子力発電所の建設反対に賛同してもらうためである。賛同してもらえるなら反核団体『ミューズ』を立ち上げるつもりであった。そもそもホールはレイットのバックでギターを弾いていて、彼女の政治的なスタンスを含め旧知の仲であったし、ブラウンに関しても彼の4thアルバム『プリテンダー』(‘76)でバックを務めたこともあって、影響力のある彼らを真っ先に訪問したのである。

この記事の画像

「数多くのアーティストが参加した原子力発電所建設反対運動のライヴ盤『ノー・ニュークス 〜ミューズ・コンサート・ライヴ!〜』」の画像1 「数多くのアーティストが参加した原子力発電所建設反対運動のライヴ盤『ノー・ニュークス 〜ミューズ・コンサート・ライヴ!〜』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「BRADIO」に関する記事

「BRADIO」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「BRADIO」の記事

次に読みたい「BRADIO」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク