Awesome City Club、話題の新​曲も豪華編成で披露した新体制初の有観客ワンマンを開催​

Awesome City Clubが12月10日(木)、東京・新木場STUDIO COASTにてワンマンライブ『Awesome Talks -One Man Show 2020-』を開催した。atagi、PORIN、モリシーの新体制になってから初の有観客ワンマンだ。

本来であれば、2ndフルアルバム『Grow apart』のリリース後、全国ツアーをまわる予定だったAwesome City Club。このライブはツアーのうちの一公演だったが、新型コロナウイルスによる感染症拡大の影響により、他公演は中止に。このライブに関しても、感染症対策ガイドラインに則った形での開催となり、Streaming+での生配信も行われた。開演が近づくと、待ちわびる観客の元にアナウンスが。ここでは、飛沫拡散防止のため、マスクを着用し、大きな声が出せない観客に向けて、「ここでは拍手がみんなを繋ぐ合図」と伝えられた。

メンバーの3人、そしてベース、ドラム、キーボード2人、コーラス2人のサポートメンバーが入場。PORINの合図で照明が落ちると、ステージにいるメンバーらが一斉に特徴的なリズムを手拍子。突然の始まりに驚いていた観客も次第に手拍子で音楽に加わり、リズムがフロアにも伝播していく。その後、モリシーがエレキギターを鳴らし、そこにatagiのボーカルが重なって、ライブは「トビウオ」からスタート。『Grow apart』の1曲目として収録されているこの曲は、紆余曲折ありながらも希望を目指して前進してきたバンド自身のことを、水の上を必死に跳ねるトビウオに喩えた曲だ。ギターリフと手拍子を軸にしたタイトなアレンジは、バンドの再出発を象徴するようだった。

この記事の画像

「Awesome City Club、話題の新​曲も豪華編成で披露した新体制初の有観客ワンマンを開催​」の画像1 「Awesome City Club、話題の新​曲も豪華編成で披露した新体制初の有観客ワンマンを開催​」の画像2 「Awesome City Club、話題の新​曲も豪華編成で披露した新体制初の有観客ワンマンを開催​」の画像3 「Awesome City Club、話題の新​曲も豪華編成で披露した新体制初の有観客ワンマンを開催​」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク