ロックサイドからフュージョンに歩み寄ったジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』

ロックサイドからフュージョンに歩み寄ったジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
ジェフ・ベックは類いまれなテクニックを持ったギタリストである。今から半世紀ほど前にはエリック・クラプトンやジミー・ペイジと並んでブリティッシュロック・ギタリストの御三家として当時のロック少年たちから崇拝されていた。しかしベックは、例えばクラプトンの「クロスロード」(クリーム)やペイジの「胸いっぱいの愛を(原題:Whole Lotta Love)」(レッド・ツェッペリン)といった鉄板となる曲に恵まれず、ギターのテクニックはピカイチであっただけに、それだけがファンにとっては悔やまれるところであった。

もちろんハードロックの原型ともなった第1期ジェフ・ベック・グループの『トゥルース』(‘68)や『ベック・オラ』(’69)でも秀逸なギタープレイは聴けるのだが、バンドアンサンブルを重視するあまり短くまとまったソロが多く、ベックファンはいつも欲求不満を感じていたのだ。その後の第2期ジェフ・ベック・グループではソウルやファンクも取り入れ、『ジェフ・ベック・グループ(通称オレンジアルバム)』(‘72)収録の「ゴーイング・ダウン」などでは溜飲が下がるプレイが聴けるが、もっと弾いてほしくなるのがファン心理というものである。“70年代のクリーム”と称されたベック・ボガート&アピス(以下、BB&A)の結成で、ようやく鉄板のプレイが生まれる下地が出来上がったが、個性の強いトリオという編成は人間関係がうまくいかない場合が多いらしく、結局アルバム2枚をリリースするのみで解散してしまった。

この記事の画像

「ロックサイドからフュージョンに歩み寄ったジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』」の画像1 「ロックサイドからフュージョンに歩み寄ったジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レッド・ツェッペリン」に関する記事

「レッド・ツェッペリン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レッド・ツェッペリン」の記事

次に読みたい「レッド・ツェッペリン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク