BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆

BUCK-TICKが毎年恒例の12月29日公演を東京・日本武道館で開催した。彼らがこの日に公演を行なうのは今年で連続21回目。“恒例の"に続く場所は、やはり日本武道館がしっくりとくる。今回は『ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020』と題し、今年9月にリリースしたアルバム『ABRACADABRA』の世界観と、年末恒例の『THE DAY IN QUESTION』の特別感、その両方を堪能できる一夜限りのスペシャルな公演となった。

「行こう、未来へと。行こう!」。櫻井敦司(vo)が力強く言い放ったのは、2度目のアンコールの2曲目、ショーの閉幕を想起させる「LOVE PARADE」を歌い終え、ラストナンバー「New World」が始まる直前のことだ。

BUCK-TICKはアルバム『ABRACADABRA』をリリースした後、本来ならば全国ツアーを回るはずだったが、コロナ禍を考慮し、当初予定していたスケジュールに会場を追加して フィルムコンサートツアー『TOUR2020 ABRACADABRA ON SCREEN』を開催した。このツアーも他にはない試みだった。フィルムコンサートでありながら、実際のライブと同じ音響システムと照明を使い、臨場感を再現。気迫に満ちたメンバーのパフォーマンスと、通常のライブ同様に拍手を送る観客とが三位一体となってよりリアルに近い空間を作り上げていたが、それでもやはり拭えない寂しさはあった。その『ABRACADABRA ON SCREEN』のメニューを踏襲したこの日本武道館公演は、ガイドラインに基づいた新型コロナウイルス感染予防対策を行ない、2020年最初で最後の有観客で開催。さらにネット生配信も実施し、会場に来られないファンの思いにも応えた。

この記事の画像

「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像1 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像2 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像3 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像4
「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像5 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像6 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像7 「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像8
「BUCK-TICK、2年ぶりの日本武道館公演で2021年に向けた新たなパレードを示唆」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク