家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!
拡大する(全3枚)
家入レオ (okmusic UP's)
家入レオが第95回全国高校サッカー選手権大会の応援歌を担当することがわかった。

【その他の画像】家入レオ

これまで、いきものがかりFUNKY MONKEY BABYSナオト・インティライミmiwa、GreeeeN、大原櫻子、BLUE ENCOUNTなど数々のアーティストが応援歌を担当してきた全国高校サッカー選手権大会。

今回応援歌に決定した家入レオの新曲「それぞれの明日へ」は本大会の為に書き下ろされた楽曲で、作詞を家入レオが担当し、作曲に多保孝一、編曲に本間昭光というタッグで制作された。

サビの"例え 今泣き叫んでも 夢を描いて それぞれの未来へ 羽ばたいて行け"というフレーズが印象的な歌詞は、サッカーに打ち込む高校生はもちろん、全てのティーン、全世代の人の心に力強く響く応援歌になっている。

第95回全国高校サッカー選手権大会は12月30日(金)に開幕し、2017年1月9日(月・祝)に埼玉スタジアム2○○2にて決勝戦が行なわれる。真冬を熱くする高校生たちの熱戦と家入レオの応援歌「それぞれの明日へ」にぜひ注目してほしい。

■【家入レオ コメント】

今回、歴史ある高校サッカーの応援歌のお話をいただいてとても嬉しかったです。歴代の応援歌に恥じないように自分もサッカーを通じて一生懸命になる思いや姿にスポットをあてて、曲を作っていこうと思いました。

「それぞれの明日へ」で自分の中で大切にした想いとして、やはり選手達には、『やりきってほしい』という気持ちがすごくありました。自分自身毎日同じことの繰り返しのようで、実はその積み重ねが、今後大事な時に自分に返ってくると思っているので、自分を信じて、ひたすらもがいて、前に向かって歩いていってほしいという気持ちで作りました。

この記事の画像

「家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!」の画像1 「家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!」の画像2 「家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!」の画像3