Cymbalsの傑作『Mr.Noone Special』から考えた、ポスト渋谷系とは(あるいはロックとは)何か?

Cymbalsの傑作『Mr.Noone Special』から考えた、ポスト渋谷系とは(あるいはロックとは)何か?
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
2月17日、土岐麻子のアルバム『HOME TOWN ~Cover Songs~』がリリースされた。すでに配信されている秦 基博「アイ」、くるり「Jubilee」、スピッツ「楓」などをはじめ数々の名曲をカバーしている他、お笑いタレント、バカリズムを迎えたセルフカバー曲「Rendez-vous in ‘58 (sings with バカリズム)」も話題を集めそうだ。今週の当コラムではそんな彼女が在籍していたバンド、Cymbalsの作品を取り上げる。そう言えば、Cymbals もThe Rolling Stones
、Elvis Costello、The Kinksのカバーをしていたなぁ…とか思いつつも、バンド史上チャート最高位を記録した『Mr.Noone Special』をチョイスした。

“Mr.Noone”とは一体誰だ?

この度、調べてみて分かったことだが、Cymbalsにはどうやら“渋谷系”なる言葉が付いて回っているようだ。個人のブログやamazonのレビューでも“渋谷系好きにおすすめ”といったコメントが散見された。Wikipediaにも[ポスト渋谷系といったジャンルで括られることがある]とある([]はWikipediaから引用)。バンドの中心人物であった沖井礼二(Ba)も当時からその影響を公言していたようなので、それはそれで大きく間違いではないようでもある。ただ、“渋谷系”なるカテゴライズそのものが曖昧で、音楽ジャンルというよりも字義通りの“ムーブメント=世の中の動き”であった感じだし、個人的に言わせてもらうと、後世においてはどこか思想に近い捉え方もされていた感じもあるので、“渋谷系”なる言葉だけでCymbalsの音楽性を語るのは難しいと思う。まぁ、そうは言ったものの、今回『Mr.Noone Special』を聴いてみたら、いわゆる“渋谷系”で括られたアーティストの作品を熱心に聴いてきたわけではない自分でも、やはり何となく“渋谷系”らしき印象を感じるし、そうであれば、これが“ポスト渋谷系”と呼ばれるのも分からなくもない気がする。…と、そんなところから、以下、半可通なりに『Mr.Noone Special』を分析していこうかと思う。

この記事の画像

「Cymbalsの傑作『Mr.Noone Special』から考えた、ポスト渋谷系とは(あるいはロックとは)何か?」の画像1 「Cymbalsの傑作『Mr.Noone Special』から考えた、ポスト渋谷系とは(あるいはロックとは)何か?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

秦基博のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「秦基博」に関する記事

「秦基博」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「秦基博」の記事

次に読みたい「秦基博」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク