インターネットの発展により若い世代にも知られる「日本の名曲」。そんな時代や世代を超えた「日本の名曲」を新進気鋭のアーティスト達がアコースティックにてカバーした。その名曲達を集めたコンピレーションアルバム『Jアコ vol.1』が3月31日(水)にリリースされることがわかった。

全世界でコロナが猛威を振るい、アーティストはライブ活動の制限を余儀なくされた。しかしフルバンドでは難しいライブ活動も、アコースティックでの活動で活路を見出すアーティストも少なくない。フルバンドでの演奏より自由度が高いソロでの弾き語り、アンプラグドで少人数での演奏。
オリジナルソングはもちろん、カバーソングも気軽に演奏でき、アーティスト自信が楽しんで演奏している姿を観て、多くのリスナーも重くなった気持ちを軽くしてきたことだろう。

普段はバンドで活動しているアーティストや、ソロのシンガーソングライターなど、総勢13組が、「日本の名曲」を録り下ろしのアコースティックカバーを収録。聴き応え十分の幅広い年代が楽しめる内容となっているので、ぜひともチェックしてほしい。

V.A.『Jアコ vol.1 ~Acoustic Cover Compilation~』

2021年3月31日(水)発売
※同日配信でもリリース

COCP-41419/¥2,500(税込)
<収録曲>
・アーティスト / カバー楽曲
1. 河内健悟(ircle)
テレサ・テン / 時の流れに身をまかせ

この記事の画像

「グドモやセカイイチ等計13組のアーティストが日本の名曲をアコースティックでカバーした、コンピレーションアルバムが発売」の画像1 「グドモやセカイイチ等計13組のアーティストが日本の名曲をアコースティックでカバーした、コンピレーションアルバムが発売」の画像2