AIがR&Bの真髄とその潜在能力の高さを見せた佳作『ORIGINAL A.I.』

AIがR&Bの真髄とその潜在能力の高さを見せた佳作『ORIGINAL A.I.』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
2月24日、AIの新しいミニアルバム『IT’S ALL ME – Vol.2』がリリースされた。その3日後の2月27日には、コロナ禍で延期になっていた『AI 20周年記念TOUR “IT’S ALL ME”』の振替公演も、感染対策をしっかりと講じた上でひとまず無事に開催されたようである。2000年、シングル「Cry, just Cry」でデビューし、翌年の2001年に1stアルバム『my name is AI』をリリースしたAIは、デビュー20周年を迎えた。海外生活時のゴスペル・クワイア体験を活かした迫力ある歌唱で、日本の音楽シーンに本格的なブラックミュージック要素を紹介した第一人者と言っていい女性アーティスト。そんなAIのアルバムを紹介する。

Def Jam Japanの 女性アーティスト第一弾

AIのアルバム作品の中からひとつ選ぶとなると、彼女の最大のヒット曲「Story」が収録された4th『MIC-A-HOLIC A.I.』が順当なところだろうか。もしかすると、最初にチャートトップ10入りを果たした3rd『2004 A.I.』、あるいはチャート最高位ということで言えば5th『What's goin' on A.I.』かもしれない。筆者はデビュー前からAIを追いかけてきた…みたいなことが一切ないばかりか、彼女の代表曲をいくつか知っているくらいの半可通も半可通なので、本来ならば上記から選ぶのが筋だろうが、半可通は半可通なりに2nd『ORIGINAL A.I.』をチョイスした。

この記事の画像

「AIがR&Bの真髄とその潜在能力の高さを見せた佳作『ORIGINAL A.I.』」の画像1 「AIがR&Bの真髄とその潜在能力の高さを見せた佳作『ORIGINAL A.I.』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク