いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露

いきものがかりが、最新アルバム『WHO?』のCD購入者特典として自身初の試みとなる、購入者限定配信ライブ『THE“特典”LIVE』を4月10日(土)に行ない、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』主題歌の新曲「ええじゃないか」をライブ初披露した。

アルバムのアートワークコンセプトをライブ演出に昇華させたこの日限りの配信ライブは、今作のアートワークを担当したHARU(koe Inc.)監修のもと、コミュニティ型ファンクラブ『Fanicon(ファニコン)』を運営するTHECOO株式会社が3月にオープンしたライブ配信専用スタジオ『BLACKBOX3』(読み:ブラックボックス)にて開催。同スタジオは彼らのレコーディングでも何度も使用されたレコーディングスタジオの跡地に建設され、『BLACKBOX3』でCassetteから生配信ライブを開催したのは初のこととなる。

アルバム『WHO?』のアートワークが随所に散りばめられたライブでは、会場で初めて配信で使用されるメディアサーバー・disguise(ディズガイズ)vx2の技術を駆使し、カメラの動きとLEDの映像がリアルタイムに連動した新しい映像表現に挑戦。

本ライブでは他にも、最新楽曲「TSUZUKU」やライブでも定番の楽曲アイデンティティ」「ブルーバード」、2月にリリースされたシングルから「BAKU」、そして最後には「からくり」をデビュー後初めて、メンバー3人のアコースティック編成で披露。この日ならではのコンセプトとアットホームな空気感で視聴者を沸かせた。

この記事の画像

「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像1 「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像2 「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像3 「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像4
「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像5 「いきものがかり、新たな映像表現に挑戦した最新アルバム購入者限定配信ライブで新曲「ええじゃないか」を披露」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「いきものがかり」に関する記事

「いきものがかり」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「いきものがかり」の記事

次に読みたい「いきものがかり」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク