冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!

冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!
初音ミク (c)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net(okmusic UP's)
今年5月に他界した音楽家・冨田勲の追悼公演「ドクター・コッペリウス」の制作発表会見が10月26日(水)、東京の四谷・JFICホール[さくら]で行なわれた。

【その他の画像】初音ミク

同公演はバーチャルシンガーの初音ミクとバレエダンサー、オーケストラ、シンセサイザーがコラボレーションしたスペースバレエシンフォニー。冨田勲が、亡くなる1時間前まで創作に取り組んでいた作品で、11月11日(金)と12日(土)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで初上演される。

会見には国際交流基金理事長の安藤裕康、指揮の渡邊一正、振付の辻本知彦、演出のことぶき光、音楽ライターの前島秀国、そして冨田勲の息子である冨田勝の5人が登壇。冒頭に国際交流基金理事長の安藤が挨拶。冨田は昨年、国際交流基金賞を受賞し、最後の講演となった同基金の記念講演会上で「ドクター・コッペリウス」の構想を明かしたそう。安藤は“昨年の講演会で発表されたこの公演が実現したことを感無量に感じております”と語り、“冨田勲と初音ミクという日本文化の真髄を体現した両者の融合を、今後は海外でも公演してもらいたい”と締めた。

続いて、「ドクター・コッペリウス」のティザー・トレーラーを報道陣の前で初上映し、ベールに包まれていた内容の一部も公開。冨田勝は“これは父が必ずやり遂げたいと並々ならぬ意欲を持って取り組んだ企画でした”と「ドクター・コッペリウス」の完成を喜び、“父の想いをひとりでも多くの方に聴いてもらいたい”と呼びかけた。公式パンフレットの解説を担当した音楽ライターの前島秀国は、公演の全体像について報道陣へレクチャー。この企画は、初音ミクにバレエを踊らせたいことと、日本のロケット工学の創世記に携わった糸川英夫博士をモチーフにした作品を作りたいこと、その2つの構想を合体させた作品であったことを明かす。バレエとホログラフィーを共演させたいという糸川博士の夢を富田が継ぐという形で、今回の企画が実現したとのことだった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年10月27日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。