ジョニ・ミッチェルの『ブルー』はシンガーソングライターとしての名声を確立した初期の傑作

ジョニ・ミッチェルの『ブルー』はシンガーソングライターとしての名声を確立した初期の傑作
『Blue』(’71)/Joni Mitchell (okmusic UP's)
70年代初頭に巻き起こったシンガーソングライターのブームは、当時の音楽ファンにとってはワクワクするような体験であった。次から次へと新しい魅力を持ったミュージシャンが登場するのだから当たり前だが、それにしても多くの才能が現れたもので、今でも不思議なぐらいの大きな収穫期であった。ジェームス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、カーリー・サイモン、ニール・ヤング、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、ブルース・スプリングスティーンなどなど…この頃にデビューした新人たちは、今でも活躍している人が多いのも特徴だ。これらの才能あふれる自作自演歌手の中でも、特に光り輝いていたのがジョニ・ミッチェルではないだろうか。今回は彼女のクリエイターとしての才能が花開いた初期の傑作『ブルー』を紹介する。

【その他の画像】Joni Mitchell

■ワン・アンド・オンリーの天才、ジョニ・ミッチェル

70年初頭のシンガーソングライター(SSW)ブームについては冒頭でも触れたが、ジョニ・ミッチェルはカナダ出身で、アメリカ生まれのSSWが多い中にあって、少しハンデがあるかと思われがちなのだが、実はカナダ出身のミュージシャンには優れた人が少なくない…てか多い。有名なところでは、ニール・ヤング、ザ・バンド(5人中4人がカナダ出身)、アン・マレー、ブライアン・アダムス、セリーヌ・ディオン、アラニス・モリセット、アヴリル・ラヴィーン

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年10月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。