『SENTIMENTALovers』の両想いに至らない歌詞から平井 堅が恒久に求めるテーマ、コンセプトを想像する
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
昨年デビュー25周年を迎えたシンガーソングライター、平井 堅が5月12日に約5年振りとなるオリジナルアルバム『あなたになりたかった』を発表した。そんな平井 堅の過去作を一枚取り上げるとなると、2004年の年間シングルチャート年間1位を獲得し、平成を代表するナンバーと言っても過言ではない、「瞳をとじて」が収録された『SENTIMENTALovers』ではないだろうか。彼の甘くシルキーな歌声は改めて説明するまでもないと、今回は徹底的に収録力の歌詞に注目してみたのだが、それによって、意外と…と言うべきか、平井 堅というアーティストの本質が見えてきたような気がする。

歌詞に横たわる悲哀

アルバムタイトルは“SENTIMENTAL”と“Lovers”を組み合わせた造語であることは言うまでもないけれど、それが“SENTIMENTAL Lovers”だとして、訳せば“感傷的な恋人たち”── “悲哀の感情に揺さぶられ、何かにつけて涙もろくなる状態の恋人たち”となるだろうか(“感傷的”の意味はWeblio辞書から引用)。確かに、このアルバムの歌詞に描かれている物語は、そのほとんどに悲哀が横たわっていると言っていい。片想いを綴ったものなど悲恋ばかりではないようだが、そこに出てくる《キミ》や《君》や《あなた》とは、心が通じているとは限らないというか、概ね、いわゆる“両想い”ではない。歌詞だけを指して明るいか暗いかで言えば、決して明るい作品ではない印象ではある。

この記事の画像

「『SENTIMENTALovers』の両想いに至らない歌詞から平井 堅が恒久に求めるテーマ、コンセプトを想像する」の画像1 「『SENTIMENTALovers』の両想いに至らない歌詞から平井 堅が恒久に求めるテーマ、コンセプトを想像する」の画像2