渡辺真知子のデビュー作『海につれていって』から、“ニューミュージック”とは何であったのかを考える
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
渡辺真知子が6月16日にライヴアルバム『唇よ、熱く君を語れ2020渡辺真知子コンサート~明日へ~』をリリースする。昨年11月に東京国際フォーラムホールCで行なわれたコンサートの模様を収録したもので、タイトルからも分かるように、彼女の代表曲もしっかりと収録されているので、ファン必携の音源と言えるし、ファンならずとも彼女のデビュー時を知る人にとっては、40数年を誇る彼女のキャリアを確かめることができる秀作と言えるだろう。今週はそんな渡辺真知子のデビュー作である『海につれていって』を取り上げる。

“ニューミュージック”とは何か?

渡辺真知子のデビューアルバム『海につれていって』を聴いて、それまで自分の中でかなり曖昧なままになっていた“ニューミュージック”というカテゴリが少しばかりクリアーになった気がしたので、今回はその辺にフォーカスを当てて書いてみたい。そうは言っても、若い読者のみなさんには、そもそも“ニューミュージック”という言葉自体がよく分からないと思うので、まずそこから説明せねばなるまい。

“ニューミュージック”とは、[『広辞苑』では(中略)「わが国で、1970年代から盛んになった、シンガーソングライターによる新しいポピュラー音楽の総称。欧米のフォーク-ソングやロック、ポップスの影響下に成立」と書かれて]いるという(手元に『広辞苑』がないため、伝聞ですみません)。Wikipediaでは[1970年代から1980年代にかけて流行した、日本のポピュラー音楽のジャンルの一つ。作曲面ではフォークソングにロックなどの要素を加え、作詞面ではそれまでのフォークソングの特徴であった政治性や生活感を排した、新しい音楽であった。ただし文献により、定義などにずれがある]とある。

この記事の画像

「渡辺真知子のデビュー作『海につれていって』から、“ニューミュージック”とは何であったのかを考える」の画像1 「渡辺真知子のデビュー作『海につれていって』から、“ニューミュージック”とは何であったのかを考える」の画像2