いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕

いきものがかりが6月11日(金)、約6年ぶりとなる有観客ツアー『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!』のファイナル公演を、彼らの地元でもある神奈川県・横浜アリーナにて開催した。感染症対策を考慮し、国の定めるガイドラインに沿って行われた本公演は事前にチケットがsoldout。先日メンバーの山下穂尊がこの夏にグループから離れることが発表され、最後となる3人のいきものがかりのライブ公演に多くのファンが駆けつけた。

開演時間を迎えると、会場のスクリーンにはOpeningのドキュメンタリー映像が。有観客ツアーのファイナル公演に向けた、メンバー各々の想いやメッセージが映し出され、いよいよ始まるライブへの緊張感が高まるなか、観客席からの大きな拍手が送られた中でいきものがかりの3人がステージに登場すると、早速披露されたのはメンバーが高校生のころから存在する楽曲「からくり」。続いて、「茜色の約束」「SING!」を披露すると終了後のMCでツアーの定番となっている「こんにつあ~!」のコール&レスポンスが。観客からのレスポンスは拍手という、コロナ渦ならではの状況の中でも、会場に覆っていた緊張感が解け、一気に一体感に包まれた。

メンバーMCに続き、「アイデンティティ」、昨年夏にリリースされた「きらきらにひかる」、ライブでは定番となっている「夏・コイ」では男子メンバーも共に歌唱。続くMCパートでは、水野良樹・山下穂尊による男子メンバートークも。観客席へも言葉を投げかけたり、いきものがかり3人の持ち味でもあるラフでアットホームなトークが終わると、最新アルバム『WHO?』からライブでは初披露となる「ええじゃないか」(映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』主題歌)で会場を沸かせた。続いて「太陽」を披露し、彼らの代表曲でもある「YELL」、熱量溢れるバンドアレンジが印象的な「コイスルオトメ」が披露されるとライブのボルテージは一気に最高潮に。「BAKU」「ブルーバード」「気まぐれロマンティック」を立て続けにパフォーマンスし、「じょいふる」では「22周年だよ!22回ジャンプ行くよ!」とメンバーと観客が一緒にジャンプし会場が一つに。本編最後は「風が吹いている」を披露し、メンバーは会場を後にした。

この記事の画像

「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像1 「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像2 「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像3 「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像4
「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像5 「いきものがかり、現体制最後の横浜アリーナ公演が終幕」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「いきものがかり」に関する記事

「いきものがかり」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「いきものがかり」の記事

次に読みたい「いきものがかり」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク