森重樹一(ZIGGY)- Key Person 第15回 -
拡大する(全1枚)
森重樹一(ZIGGY) (okmusic UP's)
ステージに上がることが 僕にとってのロックンロール

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』。第15回目はZIGGYのリーダー&ヴォーカリストの森重樹一が登場。西城秀樹沢田研二への憧れから始まり、ロックに触発され、洋楽にも強く影響を受けた少年時代だったが、ZIGGYのデビューから数年が経ったある時、そのモチベーションが揺らぐ出来事があった。困難や苦しい想いを経て、“今は自分が豊かだと思う”と語るその胸中とは?

“あのお兄さんになりたい” っていうのが最初の始まり

──森重さんが初めて人前で歌ったのはどんなステージでしたか?

「3歳の頃に行った不二家レストランなんです。店内に舞台が設置してあって、そこで歌っている方がいたんですけど、それを観て僕は本能的に舞台に上がって、何かを歌ったと母から聞きました。たぶん『鉄腕アトム』の歌なんじゃないかと思うんですけど(笑)。」

──そんなに幼い時からですか! 森重さんの音楽のルーツには西城秀樹さんや沢田研二さん、フィンガー5への憧れもあり、中学生の時には近所のアパートに住んでいたミュージシャンの方にギターを教わっていたそうですね。

「そうです。音つばめっていうフォークグループの元メンバーで、ギタリストの久保 豊さんにギターを指南していただきました。週一くらいで教えてもらってましたね。」