KC&ザ・サンシャイン・バンドの極めつけディスコヒット5曲

KC&ザ・サンシャイン・バンドの極めつけディスコヒット5曲
KC&ザ・サンシャイン・バンドの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP's)
70年代中期、ポップで明るいディスコサウンドを提供し続けたKC&ザ・サンシャイン・バンド

【その他の画像】KC & the Sunshine Band

■南部ソウルのレーベルTKレコード内で結成されたグループ

渋い南部ソウルのレーベル「TKレコード」の社員ハリー・ケイシーと、同社で敏腕レコーディングエンジニアとして知られたリチャード・フィンチの白人ふたりが中心となって73年にKC&ザ・サンシャイン・バンドは結成される。その後、同レーベルの専属ミュージシャンとして活躍していたジェローム・スミスとロバート・ジョンソン(どちらも黒人)を加えて、白黒混合のファンクグループとしてスタート。同年にデビューシングル「Blow Your Whistle」をリリース、新人ながら全米チャートの27位に食い込むヒットとなった。

74年、ケイシーとフィンチが書いた「ロック・ユア・ベイビー」をジョージ・マクレーが歌い、アメリカやイギリスなど11カ国でチャートの1位に輝き、彼らの名は広く知られるところとなる。セカンドとなるシングル「Sound Your Funky Horn」(‘74)をリリースすると、イギリスではチャートの17位まで上昇(アメリカでは21位)し、フロリダのグループらしいポップなファンクサウンドで確実にファンを増やしていく。続く「Queen Of Clubs」(’74)も好セールス(全米25位、全英では7位)を記録し注目が集まった。この時点では、本国アメリカよりイギリスでの人気が高かった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2016年11月1日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岸谷香」のニュース

次に読みたい関連記事「岸谷香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高嶋ちさ子」のニュース

次に読みたい関連記事「高嶋ちさ子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉幾三」のニュース

次に読みたい関連記事「吉幾三」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。