【Editor's Talk Session】今月のテーマ:大型イベント『アニサマ』が直面したコロナ禍での葛藤
拡大する(全1枚)
Editor's Talk Session (okmusic UP's)
コロナ禍の影響でライヴが無観客の配信形式で行なわれていた昨年。15年の歴史を持つアニソン界のマンモスイベント『Animelo Summer Live』(以下:アニサマ)も新型コロナウイルス感染拡大により延期を余儀なくされた。第20回目の座談会企画では、同イベントのゼネラルプロデューサー&総合演出である齋藤光二氏(株式会社ドワンゴ)と舞台監督の三上修司氏(株式会社PARKLIFE)を招き、『アニサマ』を軸にこの2年間のライヴイベントについて語ってもらった。

※このインタビューは2021年7月5日に実施したものです。

【座談会参加者】

■齋藤光二
世界最大のアニソンフェス『アニサマ』の名物P。2005年の立ち上げから関わり、大きく育てた立役者。通称「さいとーぴー」。ステージ作りへのアツい情熱で、多くのアーティストからも慕われている。

■三上修司
株式会社PARKLIFE代表取締役、舞台監督。『アニサマ』の総合舞台監督。本番の音が止まらないのは三上が止まらないから。『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』等の大型フェスの統括も務める。社名は某名盤より。

■石田博嗣
大阪での音楽雑誌等の編集者を経て、music UP's&OKMusicに関わるように。編集長だったり、ライターだったり、営業だったり、猫好きだったり…いろいろ。

■千々和香苗
学生の頃からライヴハウスで自主企画を行ない、実費でフリーマガジンを制作するなど手探りに活動し、現在はmusic UP's&OKMusicにて奮闘中。