くるり、ベスト盤発売記念企画第9弾で福島県相馬市のCDショップ店長が「最後のメリークリスマス」を語る
拡大する(全2枚)
くるり (okmusic UP's)
くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』リリース記念企画「わたしにとってのくるり」の第9弾として、福島県相馬市にあるCDショップ・モリタミュージックよりコメントが到着した。

【その他の画像】くるり

この企画はオールタイムベスト『くるりの20回転』リリースを記念し、くるりに縁のある方々からビデオコメントを紹介していく企画。これまでに又吉直樹、フルカワミキ、岡崎体育小田和正、吉岡里帆、是枝裕和監督、ブラッド・エルドレッド(広島東洋カープ)選手、京急電鉄品川駅より、それぞれ「東京」「ばらの花」「琥珀色の街、上海蟹の朝」「JUBILEE」「Liberty&Gravity」「Remember me」「ロックンロール」「赤い電車」が紹介されている。

そんな企画の第9弾に登場するのは、福島県相馬市にあるCDショップ・モリタミュージックの店長だ。震災以降、くるりのメンバーは相馬市をたびたび訪れ、2013年に発表したクリスマスソング「最後のメリークリスマス」の時にはこの地でMVが撮影されたことも。そんな縁ある土地、 福島県相馬市のCDショップ店長にとって「最後のメリークリスマス」とは、そしてくるりとはどんな存在なのか? 是非その目で確かめてほしい。

■『くるりの20回転』Special Site
http://quruli.net/20th/

■くるり - 「最後のメリークリスマス」 ~わたしにとってのくるり~ モリタミュージック

この記事の画像

「くるり、ベスト盤発売記念企画第9弾で福島県相馬市のCDショップ店長が「最後のメリークリスマス」を語る」の画像1 「くるり、ベスト盤発売記念企画第9弾で福島県相馬市のCDショップ店長が「最後のメリークリスマス」を語る」の画像2