Nagie Lane、メジャーデビューアルバムより「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」先行配信
拡大する(全3枚)
Nagie Lane (okmusic UP's)
アカペラシーンの次世代アーティストとして、今、大きな注目を集めるアカペラグループ、Nagie Lane(ナギーレーン)が、9月22日にリリースするメジャーデビューアルバム『Interview』より、ピチカート・ファイブの名曲のカバーとなる「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」を先行配信した。

「東京は夜の七時」は1993年12月1日リリースのピチカート・ファイブ5枚目のシングルであり、今また再評価が進む「渋谷系」サウンドの神曲。 今回、「楽器を持たないネオシティポップバンド」ことNagie Laneが6人編成の新体制にてカバーしたのだが、実は昔の編成でも、この曲をカバーしLIVEなど好評を博していた十八番とも言えるナンバーだった。

今回の楽曲「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」は8月16日、ラジオ番組「渋谷のラジオの渋谷系」にて初解禁されたのだが、この「渋谷のラジオの渋谷系」はピチカート・ファイブの野宮真貴がパーソナリティを勤めるラジオ番組。Nagie Laneサイドのラブコールによりメンバーのreiのリモート生出演が実現! Nagie Laneバージョンを聴いた野宮真貴は “完璧なカバー” “こんな難しい曲をよく歌い上げている” と大絶賛していた。

また、「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」のMusic Videoは8月18日(水)20:00にNagie Lane YouTubeチャンネルにてプレミア公開される。

この記事の画像

「Nagie Lane、メジャーデビューアルバムより「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」先行配信」の画像1 「Nagie Lane、メジャーデビューアルバムより「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」先行配信」の画像2 「Nagie Lane、メジャーデビューアルバムより「東京は夜の七時 (future a cappella ver.)」先行配信」の画像3