平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化

平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化
拡大する(全5枚)
(okmusic UP's)
7月に6年ぶりのニューアルバム『BEACON』を発表し、『フジロック』の出演も話題の平沢進。日本コロムビア内のTESLAKITEレーベルから発表したアルバム『SIREN(セイレーン)』(1996年発表)と『救済の技法』(1998年発表)が、それぞれボーナス・トラックを含むカラーヴァイナルLP2枚組でアナログ化されることが分かった。

『SIREN(セイレーン)』は、『Sim City』(1995年発表)に続く、“BANGKOK録音三部作”の二作目にあたるアルバム。タイの人魚(マーメイド/セイレーン)伝説をモチーフに、神としてのアンドロギュノス的存在など、神話的世界を描いた似非(シミュレイテッド)ワールド・ミュージックの傑作だ。Side Dには当時アルバムと同時発売されたシングル「サイレン」のカップリング曲と『Interactive Live Show 1996』から「LOTUS」「LOVE SONG」を収録。

『救済の技法』は、20世紀の平沢進ソロ最高傑作との呼び声も高い“BANGKOK録音三部作”の最終作。ニューラル・ネットワークにより統合された“全き人々”の世界の崩壊と“庭師KING”による救済を描いたインタラクティヴィ・ライヴを前提として組み立てられたコンセプト・アルバムだ。Side DにはTVアニメ『ベルセルク』の主題歌シングルから各ヴァージョンを収録。

アナログ盤『SIREN(セイレーン)』

この記事の画像

「平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化」の画像1 「平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化」の画像2 「平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化」の画像3 「平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化」の画像4
「平沢進、20世紀の傑作ソロアルバム2作をカラーヴァイナルでアナログ化」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

平沢進のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「平沢進」に関する記事

「平沢進」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「平沢進」の記事

次に読みたい「平沢進」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク