志磨遼平(ドレスコーズ)- Key Person 第17回 -

志磨遼平(ドレスコーズ)- Key Person 第17回 -
拡大する(全1枚)
ドレスコーズ (okmusic UP's)
ロックに出会って、 “ひとりで生きていける”と思った

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』の第17回目は、ドレスコーズ志磨遼平。アルバム『バイエル』(2021年6月発表)ではサブスクリプションでピアノのインスト曲から配信し、徐々に楽曲が出来上がっていく過程を見せるという斬新なアイディアも記憶に新しいが、そんな志磨が少年時代に衝撃を受けたロックとの出会いと、アーティストとしての原点にいる人物を探った。

ロックを見た時に “華美な服装だ!”と思った

──志磨さんはどんな少年時代を送っていたのでしょうか?

「基本的に今も子供の頃も変わっていなくて。例えば母親から紙とクレヨンとか、積木だのおもちゃだのを渡されると、2、3時間は物音も立てずに没頭するので “あれ? そこにいたの?”と心配されるくらい、手のかからない子だったそうです。没頭すると周りが見えなくなるのは今も変わらないですね。僕は自然に囲まれた田舎育ちなんですけど、外に行って虫を捕まえるとか、川で泳ぐなんてことは一切せずにずっと家にいました。」

──何かを作るということでは、最初は絵が好きだったみたいですが、そこから音楽にも興味を持つようになったのはどんな流れだったんですか?

「親がずっとThe Beatlesを聴いていたせいで、のちにThe Beatlesを聴いた時に幼少期の記憶がバーッとフラッシュバックしたんですね。その“なんだか無性に懐かしい”という感覚が気持ち良くて、The Beatlesやそれに似た音楽を探すうちに60年代のものばかりを聴くようになって。でも、バンドを組みたいと思うようになったのは
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク