DEAD END Tributeアルバム、プロデューサー・大島暁美のコメント到着!

DEAD END Tributeアルバム、プロデューサー・大島暁美のコメント到着!
DEAD END (okmusic UP's)
いよいよ発売が迫ったDEAD ENDのTributeアルバム。その制作現場の裏側をプロデューサーの大島暁美が綴る!

【その他の画像】清春

約1年かけて制作してきた「DEAD END Tribute –SONG OF LUNATICS-」の発売が、いよいよ9月4日と近づいてきた。スタッフ一同、渾身の熱意を注いで制作してきた作品だけに、ようやく形になって世の中に出ていくことに、ある種の感慨を感じている。既に参加ミュージシャンや収録楽曲が発表になり、その豪華なラインナップに注目が集まっているが、そもそもDEAD ENDというバンド自体が後続のミュージシャンたちに絶大なる影響力を持っていたことから、この企画がスタートした。87年にメジャー・デビューしたDEAD ENDは、その後、たった2年半の活動で解散。発表した作品も、インディーズで1枚、メジャーで3 枚と決して多くはない。しかし、そのフォロワーの多さから、日本のロックシーンにおけるミュージシャンズ・ミュージシャンの筆頭格として、常に語り継がれてきた。もしも、DEAD ENDが存在しなかったら、日本のロックシーンは今とは違うものになっていたかもしれないといっても過言ではない。

実際、今回、参加してくれたミュージシャンの中にも、「大好きです」「よく聞いてました」というレベルをはるかに超えて、「自分自身のルーツ」「音楽に対する初期衝動」といった最大級の賛辞を寄せている人が多い。近年はMORRIEのソロ・ライヴにゲスト出演する等、親交を重ねている清春は、「今も自分がここに居るほとんどが、MORRIEさんへの憧れからですね。影響というか、永遠の憧れです」と、熱い想いを語る。「DEAD ENDがなければ、Morrieさんがいなければ、

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清春 Instagram
  2. 清春 twitter
  3. 清春 ライブ
清春のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2013年8月31日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清春 + ライブ」のおすすめ記事

「清春 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「清春 + twitter」のおすすめ記事

「清春 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「奥華子」のニュース

次に読みたい関連記事「奥華子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら