最強のメンバーが集結したタワー・オブ・パワーの3rdアルバム『タワー・オブ・パワー』

最強のメンバーが集結したタワー・オブ・パワーの3rdアルバム『タワー・オブ・パワー』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
タワー・オブ・パワーは1970年のデビューから現在まで続く、長い歴史を持つサンフランシスコのファンクグループだ。50年以上におよぶ活動の中で、彼らが最高の状態にあったのは本作『タワー・オブ・パワー』から7thアルバム『ライヴ・アンド・リビング・イン・カラー』(’76)あたりまでではないだろうか。それは、本作からレニー・ウィリアムス(Vo)、ブルース・コンテ(Gu)、チェスター・トンプソン(Key)、レニー・ピケット(Sax)の4人が新たに加入し、グループとしては最高の布陣となったことが大きい。このメンバー編成は5thアルバムの『オークランド・ストリート(原題:Urban Renewal)』(’75)まで続くことになるわけだが、中でも本作『タワー・オブ・パワー』が特に印象深いのは、彼らの代表曲である「ホワット・イズ・ヒップ?」の初演が収録されているからということに尽きるかもしれない。今年の8月8日、残念ながら黄金期のグループを支えたブルース・コンテが白血病で亡くなった。

サンフランシスコの文化

1960年代、ベトナム戦争の無意味さと黒人差別が全米の喫緊の問題となり、若者たちは既成の道徳や体制側の政治に大きな疑問を抱く。そんなことから西海岸のサンフランシスコでは、愛や平和をスローガンに、ヒッピー文化に代表される多くのカウンターカルチャーが花開いていく。それは当時のロッカーたちにも影響を与え、ジェファーソン・エアプレイン、クイックシルバー・メッセンジャー・サービスなどは

この記事の画像

「最強のメンバーが集結したタワー・オブ・パワーの3rdアルバム『タワー・オブ・パワー』」の画像1 「最強のメンバーが集結したタワー・オブ・パワーの3rdアルバム『タワー・オブ・パワー』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク