音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5

日本にもようやく根づいた音楽フェス文化。しかし、今、再開どころか存続すら危機的状況に追い込まれている。価値観や常識、モラルは個々に異なるし、参加した人、そのフェス開催によって影響を受けた人、それぞれに言い分があるのも分かる。けれど、大規模イベントの中で音楽フェスだけがひと括りに叩かれ続けるのはいかがなものかという想いは拭えない。そこで今回は、音楽フェスで観た素晴らしい景色を曲とともに振り返ってみよう。

「Live Forever」(’94)/Oasis

日本最後のショーとなった09年の『フジロック』がよく語られるけれど、個人的には初めて観た01年の『フジロック』でのパフォーマンスが圧倒的に素晴らしかった。彼らが奏でる極上の音楽と苗場の大自然に身も心も包まれて、お酒も入って気分は最高潮。そんなフェスの醍醐味を教えてくれた世界的モンスターバンド、オアシスのショー体験は、筆者の英国とグラストンベリーへの憧れを一気に加速させ、彼らの故郷マンチェスターで暮らし始める原動力のひとつに。今月公開される映画『ネブワース1996』の先行公開ライブ映像でもこの曲が取り上げられているように、オアシス作品を代表する傑作。先週の『レディング』出演時、リアムはこの曲をチャーリー・ワッツに捧げている。

「Who Are You」(’78)/The Who

『グラストンベリー・フェスティバル』に初参加した07年。ヘッドライナーはアークティック・モンキーズとザ・キラーズ、そしてザ・フーだった。この曲が始まった途端、「Who are you?」と曲に合わせて話しかけ、「ひとりでいないで仲間に入れ!」と大勢で賑わう方を指す男性が現れた。幼い孫を含めた3世代家族で楽しんでいるという。聞けば近所に暮らし、グラストに50年通っているという。ザ・フーが素晴らしかったのはもちろんだが、フェスが地域に根づき、老若男女がロックを楽しむ風景を日本ではまだ観たことがなかったのでとても羨ましく思えた。日本から来たと告げた時、「私たちの祭りにようこそ!」と言った彼の言葉と笑顔がフェスのもたらす豊かさを象徴していた。

この記事の画像

「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像1 「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像2 「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像3 「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像4
「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像5 「音楽フェスよ、不滅であれ。心が震えたあの曲・あのフェスTOP5」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク