こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲

コロナ禍が始まって、もう一年半。“来年は笑顔で会いましょう”“コロナが終わったら○○がしたい”という常套句も空しく感じられるようになってきたり、頑張る気持ちがいよいよ限界に近づいていたり、あちこちで生まれてしまう分断にうなだれたりしながら、それでもなんとかメンタルを保って毎日を乗り切っている人がきっと多いのではないでしょうか。今回はそんな生活にビタッときそうな、世の中のムードをしっかりとらえた5曲を、この夏に届いた新曲からセレクトしてみました。

「ジャカジャーン!ブンブン! ドンドコ!イェー!」('21)/怒髪天

はい、タイトルでもう優勝ですね。《よぉ暫くぶりだな 最近調子はどうだい? まぁイイわきゃーねぇか こんなご時世だしなぁ》と呼びかける導入から沁みまくり。うんざりする日々のモヤモヤを単純明快なメッセージやどデカい音で掻き消してくれる、ロックバンドの本質に回帰したようなテンションが最高で、“そうそう、こういうのが聴きたかったんだよ!”と思わず膝を連打しました。ありがとう、怒髪天。彼らの故郷・北海道の石狩市で撮影されたMVも素敵です。

「悲しいほどに毎日は」('21) /Hakubi

9月に初のフルアルバム『era』でメジャーデビューを果たした京都発の3ピースバンド、Hakubi。シンガロングやハンドクラップで新機軸を感じさせる同作の収録曲「悲しいほどに毎日は」は、今のやるせない日々を生き抜いていくためのBGMに打ってつけです。このパンデミックで心が挫けてしまった経験があるならめちゃくちゃ響く《もう立ち止まりたくないんだ》という言葉、そして《悲しいほどに毎日はあっけなく終わってく》と歌われるサビを聴くと、なんだか不思議と力が湧いてきませんか?

この記事の画像

「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像1 「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像2 「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像3 「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像4
「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像5 「こういうのが聴きたかった!世の中のムードをしっかり汲んだ5曲」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク