PCI MUSICがアーティスト総合支援プラットフォーム『bazoo』を発表

PCI MUSICがアーティスト総合支援プラットフォーム『bazoo』を発表
拡大する(全2枚)
『bazoo』ロゴ (okmusic UP's)
株式会社ポニーキャニオンのグループ会社で、インディーズディストリビューション及びアーティストマネジメントを担う株式会社PCI MUSICが、デジタル配信サービスを中心に、アーティストや楽曲のプロモーション、アーティストマネジメント支援、著作権管理、SNS運用サポート、CDパッケージのリリースなど、あらゆるアーティスト活動を総合的に支援するサービス『bazoo(バズー)』を10月18日から本格始動することを発表した。

ディストリビューターとしてインディーズシーンの中で多数のヒットやアーティストの成長を支えてきたPCI MUSICが、今まで培ってきたノウハウを次世代の様々なアーティストへ幅広く提供していきたいという想いから立ち上がった『bazoo』。『bazoo』の主なサービスであるデジタル配信サービスは、年会費、登録費、など配信リリースにかかる費用は無料となっており、楽曲を登録すると国内外の主要サイトはもちろん、アジア・アフリカなどの地域も含む40サイト以上へ配信が可能となっている。

また、『bazoo』の最大の特徴として、WEB上のフォーム申請だけでは終わらず、アーティストが希望した場合にはPCI MUSICのセールス担当者、プロモーター、アーティストマネージャーなどプロフェッショナルなスタッフがヒアリングし、サービス自体のフォローや活動状況にあった最適なオプションサービスを提案。アーティスト活動全体のきめ細やかなフォロー体制を確立していく。10月18日のサービス開始時には、次世代のアーティストを発掘すべく特別な企画も実施される予定だ。

この記事の画像

「PCI MUSICがアーティスト総合支援プラットフォーム『bazoo』を発表」の画像1 「PCI MUSICがアーティスト総合支援プラットフォーム『bazoo』を発表」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク