神はサイコロを振らない、NHK『シブヤノオト』でSexy Zoneとコラボが実現

神はサイコロを振らない、NHK『シブヤノオト』でSexy Zoneとコラボが実現
拡大する(全2枚)
神はサイコロを振らない (okmusic UP's)
 ドラマやバラエティを始め、数々の音楽番組に引っ張りだこのSexy Zoneに対し、4人組ロックバンド神はサイコロを振らないの柳田周作(Vo)が「桃色の絶対領域」という楽曲を提供、そして10月9日放送のNHK『シブヤノオト and more FES. 2021』でコラボパフォーマンスが実現! 背景には、同番組での過去の運命的な共演があった。

 2021年3月21日、NHK『シブヤノオト』に神はサイコロを振らないが出演。その際に「Sexy Zoneのイメージ調査クイズ」と銘打たれた企画が行われることに。他2組の同世代アーティストを交えたトークセッションが行われた。コーナーの司会にSexy Zoneの菊池風磨を迎え、次々に繰り出され半ば大喜利と化していったSexy Zoneに関するクイズやお題に対し、柳田を中心とした神サイメンバーは至って真面目に取り組みながらもその回答は個性際立つものになっていた。

 2問のクイズを終え、スタジオの空気もアットホームになってきたところで企画は最終問題。そのトークテーマこそが「今のSexy Zoneをイメージして曲を作るなら、どんなタイトルにする?」という、後にSexy Zoneと神はサイコロを振らないを直接結びつけるきっかけとなる問題だった。

 今思えば、前述のクイズ2問への「神サイ」メンバーの回答や、柳田の独特な笑い方に対する出演者達のリアクションを通して、壮大なオチに向かうための助走距離は十分に取れていたのかもしれない。そして迎えた最終問題に対して「神サイ」のメンバーが出したフリップには「桃色の絶対領域」という、およそアイドルが歌って踊る楽曲のタイトルからは、かけ離れているであろう曲名が。Sexy Zoneのファンである「セクラバ」達の言葉を借りるのなら「トンチキ」な文字列が並んでいたのだ。これに対しスタジオでは「提供する気ないでしょ」というツッコミや、フリップに書き添えられたイラストを指摘するなど愛に溢れたイジりが続出。番組はその後、各アーティストのパフォーマンスを経てエンディングへ。

この記事の画像

「神はサイコロを振らない、NHK『シブヤノオト』でSexy Zoneとコラボが実現」の画像1 「神はサイコロを振らない、NHK『シブヤノオト』でSexy Zoneとコラボが実現」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク