篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売
拡大する(全6枚)
狩野泰一 (okmusic UP's)
日本が誇る篠笛奏者・狩野泰一の最新アルバム『昭和・平成のうた ~篠笛とピアノで~』は、昭和と平成のJ-POP歌謡曲の数々の名曲の中から、「いい日旅立ち」「Lemon」「糸」「木綿のハンカチーフ」等、誰もが一度は耳にしたことのある楽曲を狩野泰一の儚くも芳醇な響きの篠笛と、天才ピアニスト林正樹による繊細かつ大胆なピアノでカバーした作品。原曲を尊重した丁寧なカバーアレンジをベースに、心の琴線に触れる篠笛の歌うような音色とジャズテイストを纏ったピアノによる演奏が、原曲を愛聴していた頃の大切な思い出や感情を呼び起こし新たな感動を与えてくれる、そんなアルバムに仕上がっている。

本作はピアニスト&アレンジャーとして林正樹が参加。小野リサ渡辺貞夫菊地成孔、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬など様々な音楽家との演奏活動や、三宅純、椎名林檎などの多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加し、2021年公開の映画『すばらしき世界』(監督:西川美和、主演:役所広司)では音楽を担当。狩野泰一の数々のライブにも参加しその包容力豊かで時に大胆なピアノプレイを披露している。狩野泰一と林正樹の息の合った二人の演奏は心地良いそよ風のような音像となって聴き手の心の奥に届き、“懐かしさ”から“安心感”そして“新たな感動”を喚起し、稀代の名曲が日本のスタンダードに昇華する一枚となっている。

そして、アルバムの収録曲の一部を一足早く聴くことができる試聴トレーラー動画が公開された。公開されたトレーラー動画では、篠笛とピアノでカバーアレンジされた「いい日旅立ち」「木綿のハンカチーフ」等の昭和の名曲や、「糸」「ハナミズキ」等の平成の人気曲を聴くことができる。楽曲が持つ魅力を引き出したシンプルで心地良いサウンドを感じられるトレーラーとなっているので、ぜひ試聴してほしい。

この記事の画像

「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像1 「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像2 「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像3 「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像4
「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像5 「篠笛奏者・狩野泰一が「いい日旅立ち」「Lemon」など、昭和・平成の名曲をカバーしたアルバムを発売」の画像6