ティン・パン・アレー『キャラメル・ママ』は音楽の達人たちが遺したレジェンド級アルバム
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
鈴木 茂、小原 礼、林 立夫、松任谷正隆によるバンド・SKYE。デビューアルバム『SKYE』は10月27日に発売されているが、そのアナログ盤が11月10日にリリースされたとあって、今週はそのメンバーがかつて結成したバンド、ティン・パン・アレーを紹介する。その概要をちょっと調べるだけでも、本人たちのみならず、伝説級のアーティストが数多く携わっていることが分かる、まさにレジェンド・バンド。活動期間中に制作された作品数は少ないものの、今も遺るアルバムにはレジェンド級の音楽家ならではの作風が垣間見える。

邦楽シーンの神々の集い

ティン・パン・アレーは、細野晴臣(Ba&Vo)、鈴木 茂(Gu&Vo)、林 立夫(Dr)、松任谷正隆(Key&Vo)の4人で1973年に結成されたキャラメル・ママを前身としたバンドで、1974年にこのバンド名になったと言われている(1975年に佐藤 博(Key)が参加)。少しでも邦楽に詳しい人にはもはや説明不要だろう。はっぴいえんどのメンバーであり、はちみつぱいのメンバーであり、ユーミンのプロデューサー&アレンジャーであり、YMOであり、現在に至る日本の音楽シーンの名立たるアーティストをバックアップしたミュージシャンたち。数多くの邦楽名盤を産み出してきた音楽人で、もし彼らがいなかったら邦楽シーンは今とは大きくスタイルを変えていたと言っても過言ではなかろう。

そのティン・パン・アレーは1970年代に3枚のアルバムを遺しているのだが(実質2枚…いや、1枚とする説もあるけれど…?)、今回紹介する1st『キャラメル・ママ』に参加しているレコーディングメンバーもこれまた半端ない。ザっと紹介すると──。

この記事の画像

「ティン・パン・アレー『キャラメル・ママ』は音楽の達人たちが遺したレジェンド級アルバム」の画像1 「ティン・パン・アレー『キャラメル・ママ』は音楽の達人たちが遺したレジェンド級アルバム」の画像2