松原みきのデビュー作『POCKET PARK』は、今、世界から注目を集める日本独自のAOR
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
11月17日、林 哲司が作曲編曲した松原みきの全楽曲を一枚にまとめたコンピレーションアルバム『松原みき meets 林哲司』がリリースされた。翌週24日にはデビューシングル「真夜中のドア~stay with me」(7インチ)と、デビューアルバム『POCKET PARK』もカラー盤として復刻。インドネシアの歌手、Rainychによってカバーされた「真夜中のドア~」が世界的に広まったことで、日本のシティポップスの先駆け的存在として、国内でも松原みきに対する再評価が高まっている。2004年に44歳の若さで急逝してからおよそ18年。当コラムでも彼女の魅力を『POCKET PARK』から探ってみたい。

奇跡的リバイバルヒット

2020年、インドネシアの歌手、Rainychがカバーしたことで世界的ヒットとなった松原みきのデビュー曲「真夜中のドア~Stay With Me」。世界のApple Music のJ-POPランキングにおいて12カ国で1位を獲得し、合計47カ国でトップ10入りを果たした。それ以前にRainychがカバーしたDoja Catの「Say So」が世界的に注目を集めており、彼女のYouTuberとしての人気がある程度確立されていたこととはいえ、発売から40年以上経ってのリバイバルヒットは極めて稀有なことであり、ほとんど奇跡的な出来事だったと言ってよかろう。「真夜中のドア~」はリリースされた1979年に[オリコン最高28位に入り、オリコン調べ10万4千枚、キャニオンレコード発表30万枚のセールスを記録]したというから、結構ヒットしたナンバーではある。さらには、松原みきの楽曲は、4thシングル「あいつのブラウンシューズ」(1980年)や5th「ニートな午後3時」(1981年)もわりとヒットした記憶があるので(「ニートな午後3時」は資生堂のキャンペーンソングとしてCMに起用されていた)、まったく無名のシンガーの楽曲にスポットが当たったというわけではないけれど、そうは言っても「上を向いて歩こう」のような世界的な知名度があったわけではないのは当然として、松原みきもその後、継続的にメインストリームを賑わせたシンガーではなかったので、2020年のリバイバルはどう考えても奇跡的な巡り合わせではあっただろう。

この記事の画像

「松原みきのデビュー作『POCKET PARK』は、今、世界から注目を集める日本独自のAOR」の画像1 「松原みきのデビュー作『POCKET PARK』は、今、世界から注目を集める日本独自のAOR」の画像2