梅雨の季節、イライラや陰鬱な気分をぶっ飛ばし「雨も悪くないな」と思える5曲

梅雨の季節、イライラや陰鬱な気分をぶっ飛ばし「雨も悪くないな」と思える5曲
「雨」('90)/森高千里 - ジャケット画像 (okmusic UP's)
“ゲリラ豪雨”なんて言葉が使われ始めたのは、ここ数年。初めて聞いた時は、“ゲリラ”と“豪雨”の聞き慣れない組み合わせに、妙な違和感やなんか汚らしいイメージ(ゲリの響きだけ)を受けたりしたけれど。家や車が浸かるとんでもない雨量や、叩き付ける大粒のヒョウといった最近の異常気象はまさにゲリラ! 本来、梅雨ってもんは、しとしとと雨が降り続いて、“送り梅雨”や“暴れ梅雨”なんて言われる激しい雨や雷が終盤に降って、ついに夏の到来! みたいな、季節感を感じる情緒あるものだったはずなのに、ゲリラ豪雨なんて季節感も情緒もあったもんじゃない!! というところで、今回はイライラしたり、陰鬱な気分になりがちな梅雨時にピッタリな、“雨”を題材とした楽曲をセレクト。近い将来、季語的な表現として、“ゲリラ豪雨”をモチーフにした曲も出てくるのでしょうか? 「始まりはいつもゲリラ豪雨」とか。

【その他のジャケット画像】

■1.「雨」('90)/森高千里

「雨」ソングで真っ先に思い付いた曲がこれ。1990年にシングルリリース、アルバム『古今東西』(名盤!)収録、2009年には「雨/渡良瀬橋」と、代表曲を両A面シングルとして再リリースもされたこの曲。作詞能力の高さに定評のある森高が綴る、雨をモチーフにした切ない失恋ソングは、《雨は冷たいけど 濡れていたいの》と歌う感傷的な歌声がギュッと胸を締め付ける名バラード。この曲は後に杏里

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2014年6月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。